大学出版部協会


編集者がすすめる一冊の本

各大学出版部の編集者がおすすめする書籍です。メールマガジンでも配信しております。


詳細な書誌情報へ
[2011年6月15日公開]

スピリチュアルケアを学ぶ 1
癒やしを求める魂の渇き スピリチュアリティとは何か (聖学院大学出版会刊)

窪寺 俊之 編著

定価●1,800円+税

ISBN978-4-915832-90-1 C0311

A5判 / 170ページ / 並製

奥付の発行年月●2011年01月

 スピリチュアリティに対する関心は、書店に「精神世界」のコーナーが設けら
れるなど、すでに30年以上前から深まっていた。最近では、スピリチュアルを
テーマとしたテレビ番組が登場し、関心の幅も拡がっている。しかし「スピリチ
ュアルケアを学ぶ」シリーズが取り上げる課題は、これまでの精神世界をめぐる
議論に接しながらも、あくまでも終末期医療の現場の中から生まれる問いに答え
ることである。
 イギリスに始まり、いま日本でも広く受け入れたれているホスピス運動は、終
末期の緩和ケアにおいて、文字通りの身体的痛み、社会から隔絶される社会的痛
み、精神的痛みと共に、医療では解決できない罪責感など「スピリチュアルな痛
み」が存在することを明らかにした。「スピリチュアルケア」は、その痛みをど
う扱うかという課題に取り組む新しい領域である。
 シリーズ第一巻にあたる本書では、「スピリチュアリティと心の援助」(窪寺
俊之)、「病む人の魂に届く医療を求めて」(柏木哲夫)、「スピリチュアリテ
ィの現在とその意味」(島薗進)、「悲嘆とスピリチュアルケア」(平山正実)、
「スピリチュアルなものへの魂の叫び」(窪寺俊之)という、精神医学、宗教社
会学、臨床死生学などの専門家により論考によりこの課題を実践、理論の両面か
ら追求している。
 医療、看護関係者だけでなく、あらゆる方々にお薦めしたい書籍です。

一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載されている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります。