大学出版部協会について
私たちの活動

● 私たち大学出版部協会は,前述の目的を達成するために,次のような活動を進めています。
● 日常的に,大きくは編集部会・営業部会の2部会と、これら2部会を補佐するとともに、それぞれ特化した領域で活動する交流事業部・電子委員会・国際委員会及び事務局を中心に,大学出版運動を発展させるために,地道かつ継続的な活動に努めています。
● 編集部会では,季刊の機関誌『大学出版』を発行し,編集者相互の啓発,制作実務の研修を実施しています。また編集者が企画し書店と共同で学術書を販売する方法について研究を進めています.さらに日本学術振興会,日本生命財団(日生助成図書),末延財団などの出版助成による学術書の刊行,大学や公的機関による出版助成の実態調査,助成出版の理念とルールの確立などにも取り組んでいます。
● 営業部会では,会員者の発行する出版物の普及販売活動を主に担当し,新刊見計い納品,蔵書調査など図書館の蔵書充実へのバックアップを積極的にすすめています.また,書店でのブックフェア,東京国際ブックフェアなどを通して,読者への普及販売活動も行っています。『新刊速報』(月刊発行)を図書館,読者に配布する情宣活動も担当しています。
●交流事業部では、地方(首都圏以外の)出版部をサポートするとともに、出版助成の開拓やシンポジウムの開催等、対外的なネットワークの強化と主体的な情報発信に取り組んでいます。
● 電子委員会では,進展著しい学術情報のデジタル化の現状とその将来性を踏まえ、電子出版ビジネスの方向性を研究・提言し、実践につなげることを目指しています。
● 国際委員会では,毎年開催される日・韓大学出版部協会合同セミナー(第32回を数える)の準備,開催を大きな柱として活動していますが,アジア、更には世界全体を視野に入れた大学出版部の交流のために情報収集をしています.また国際部会と出版文化国際交流会の提携による国際ブックフェアへの人的派遣にも積極的に参加しています.英語による大学出版部の紹介,また欧文書籍のウェブサイトによる販売も実現に向けて検討しています。
● 事務局は,協会活動の推進力として事業化の展開,また総務,会計,広報を担当しています.理事会,社員総会,年末懇親会等の庶務,予算・決算,広報のほか,大学出版部協会の将来に向けて調査・研究を進めています.新しく大学出版部を設置しようとしている大学への窓口となっています。また、大学出版部協会の広報,出版物の販売・普及の促進などの役割を担って立ち上げられたウェブサイト〈http://www.ajup- net.com/〉の運営を担当しています。