大学出版部協会


編集者がすすめる一冊の本

各大学出版部の編集者がおすすめする書籍です。メールマガジンでも配信しております。


詳細な書誌情報へ
[2013年1月18日公開]

科学と証拠 統計の哲学 入門 Evidence and Evolution: The Logic behind the Science(名古屋大学出版会刊)

エリオット・ソーバー

定価●4,600円+税

ISBN978-4-8158-0712-2 C3010

A5判 / 256ページ / 上製

奥付の発行年月●2012年10月

原著者エリオット・ソーバーは、科学哲学、とくに生物学の哲学の分野で世界的に著名であり、日本でも『過去を復元する:最節約原理、進化論、推論』『進化論の射程:生物学の哲学入門』の2冊の邦訳書が刊行されています。

本書はこれらのような生物学の哲学についての本ではなく、副題にあるように、統計学の哲学をテーマとした本ですが、ソーバーが専門外の分野に手を伸ばしたというわけでは、決してありません。上記の『過去を復元する』でも、進化論の推論を統計学の技法により基礎付けようとしているように、ソーバーはこれまで統計学の哲学の分野でも、数多くの業績を残してきています。本書は、日本ではあまり省みられてこなかったソーバーの「統計学の哲学」の成果を紹介する書となっています。

そもそも日本では、「統計学の哲学」自身があまり知られておりません。しかし、統計学の世界にはベイズ主義 vs 頻度主義 vs 尤度主義、という長年にわたる「学派の争い」があり、様々な哲学的議論の積み重ねがあります。その中で、日本の統計学者・赤池弘次の提起した「赤池情報量規準=AIC」は、非常に重要な意義を果たしています。本書はこうした歴史をもつ「統計学の哲学」についてコンパクトにまとめており、まさに入門書として最適と言えるでしょう。

数式の解説を含む豊富な訳註、充実した訳者解説、本書のためにソーバーが書き下ろした序文・結論ほか、は、原書にはない貴重な箇所です。

理系文系を問わず、物事を深く考えることが好きな方に、是非読んでもらいたい好著です。


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載されている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります。