大学出版部協会

 

 農業立地と産地間競争の動態分析理論農業立地変動論

農業立地変動論 農業立地と産地間競争の動態分析理論

A5判 610ページ
定価:6,000円+税
ISBN978-4-947553-47-8 C3061
奥付の初版発行年月:2008年08月 / 発売日:2008年08月上旬

著者プロフィール

河野 敏明(カワノ トシアキ)

1933年 宮崎県生まれ
1955年 宮崎大学農学部卒業(農業経済専攻)
1958年 東京大学大学院修士課程修了(農学修士)
1960年 農林省入省 東北農業試験場配属
1974年 農業技術研究所経営土地利用部研究室長
1982年 農学博士(東京大学)
1983~1996年 一橋大学経済学部教授
1996~2003年 流通経済大学経済学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第一部 農業立地の現状分析理論

序章 農業立地論の現代的課題
 第一節 高度経済成長と日本農業
 第二節 農業立地論の展開課題
 第三節 農業立地論の現代的意義

第一章 農業立地論の分析課題
 第一節 古典立地論の課題と評価
 第二節 農業立地論の全体構図
 第三節 古典立地論の特徴
 第四節 古典立地論の主要成果

第二章 農業立地論の展開方向-方法論的考察-
 第一節 立地論展開の方法論的課題
 第二節 前提条件の緩和と理論展開
 第三節 立地配置と経営条件

第三章 立地理論の展開と統合問題
 第一節 立地論統合の理論的基礎
 第二節 立地条件の理論的包摂
 第三節 地代函数式による関連理論統合
 第四節 動態理論への拡大適用-比較静学の応用事例-

第四章 産地形成と産地組織化の理論
 第一節 産地形成と産し組織化
 第二節 産地間競争と産地競争力
 第三節 競争力概念の理論的検討
 第四節 圏域形成論の現状分析適用-競争力比較の理論-

第五章 作目選択と産地・市場流通条件 
 第一節 作目選択と経営・産地条件
 第二節 作目選択と需要・流通条件
 第三節 市場対応と販売管理

第六章 農産加工の立地理論
 第一節 農産加工の立地論的課題
 第二節 農産加工の律詩論的接近-地代函数式適用による-

第二部 立地変動の動態実証分析

第一章 日本農業の地域生産特化
 第一節 生産特化の分析指標
 第二節 立地配置と作目の性格
 第三節 特化係数による立地分析-作目別・都道府県別-

第二章 都市化と近郊農業の立地問題
 第一節 近郊農業の立地理論
 第二節 都市農業の現代的意義
 第三節 都市農業の実態と対応
 第四節 都市農業の政策的課題

第三章 鉄道輸送と産地競争力-鉄道輸送の実証分析-



 


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。