大学出版部協会

 

雅楽のこころ 音楽のちから

まんだらライブラリー6
雅楽のこころ 音楽のちから

新書 178ページ
定価:724円+税
ISBN978-4-924297-33-3(4-924297-33-X) C0273
奥付の初版発行年月:2005年10月

内容紹介

【本著の内容】
雅楽を通して考える日本文化の特色、音楽のもつ不思議なちから。時を越え、国境を超え、人間の魂(こころ)を動かす音楽のちからについて語ります。

著者プロフィール

東儀 秀樹(トウギ ヒデキ)

1959年、東京生まれ。
東儀家は奈良時代から1300年、雅楽を世襲してきた家柄。
宮内庁の楽師として十年間活躍した後、独立。
数多くのCDを出し、作曲、演奏活動を展開している。
国内外で幅広い活動を展開している。
著書に『雅楽』(集英社新書)、『永遠のオモチャ箱』など。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

【目次】
第1章 雅楽について
第2章 古代の日本音楽と外来音楽
第3章 楽器の話
第4章 音楽のエピソード
第5章 僕の音楽人生
あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。