大学出版部協会

 

 -批判的比較宗教学に向けて-「聖」概念と近代

「聖」概念と近代 -批判的比較宗教学に向けて-

A5判 383ページ
定価:6,000円+税
ISBN978-4-924297-29-6(4-924297-29-1) C3014
奥付の初版発行年月:2005年04月

内容紹介

日常語として使われる「聖」。「聖」の近代性とその限界にせまり批判的比較研究としての宗教学を提唱する。


目次

序章
第1部 「聖」概念の再定位
第1章 反面図形としての「聖」概念
第2章 デュルケム宗教理論における「聖」と「力」
第3章 デュルケム・オットーの宗教理論における「聖」と
       「体験・感情」
第4章 <宗教・呪術・科学>三分法の成立と合理性
       ――呪術論におけるデュルケムとオットーの位置
第5章 世俗化論における「縮小する聖」のイメージ
第6章 宗教体験論における「像を見る」アナロジー
第2部 宗教学の再定位
第7章 「鑑」と「擁護」
       ――オウム真理教事件によって宗教学は
             いかに変わったか
第8章 空転する「対話」メタファー
       ――批判的比較宗教学に向けて
あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。