大学出版部協会

 

 精神医学から見た音楽と心の関係音楽療法を語る

心と身体の癒し1
音楽療法を語る 精神医学から見た音楽と心の関係

四六判 280ページ 上製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-915967-26-9(4-915967-26-3) C1073
奥付の初版発行年月:2004年03月


目次

第Ⅰ章 心と音楽 -音楽はいつもそこにある-
 一.音楽療法への道しるべ
 二.音楽療法との出会い -レールの先にあったもの-
 三.芸大時代の音楽療法とのかかわり
 四.音楽療法の中に生きる -下総療養所での二三年間
 五.精神病という人間を知りなさい -林佐武郎先生の教え-
 六.環境をよくしなさい -林先生の音楽療法-
 七.暗中模索の治療の日々
 八.見えない音楽を形にする

第Ⅱ章 音楽療法とは何か
 一.心を癒す音楽
 二.精神医療と音楽療法
 三.音楽療法の課題
 四.アルトシューラーの同室の原理
 五.母校の大学病院で始めた外来治療
 六.RMTとの出会い
 七.音楽がなぜ心に響くのか
 八.音楽はなぜ心に作用するのか

第Ⅲ章 音楽療法を考える
 一.医学の治療と音楽療法
 二.音楽には癒しを超えた力がある
 三.音楽療法におけるニーズ
 四.音楽療法としてのGIM
 五.GIMによる音楽療法
 六.音楽療法においての音楽とは何か
 七.音楽の効力としての癒しとは何か
 八.音楽の持っている力をいかに活用するか


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。