大学出版部協会

 

生きがいを感じて生きる

福祉の役わり・福祉のこころ
生きがいを感じて生きる

A5判 76ページ ブックレット
定価:700円+税
ISBN978-4-915832-99-4 C0036
奥付の初版発行年月:2012年10月 / 発売日:2012年10月下旬

内容紹介

101歳になっても生き生きと“生涯現役”を続ける日野原先生! 何が元気の秘訣なのか? 毎日を「生きがいを感じて生きる」ことこそが答えである。
前半の「なぜホスピスが必要か」は、2008年11月7日に、聖学院大学創立20周年記念講演会の一環として実施された講演をもとに、後半の「いのちの教育」は、2012年5月17日、人間福祉学部こども心理学科開設記念として講演されたものをもとにまとめられている。
本書には、自分の人生をしっかりと受け止め、人生を後悔しないための、また、世界の平和を築く人になるための人生の手本、模範が日野原重明先生によって示されている。多くの若者に自分の人生を考える刺激を与え、大人にも、自分自身の人生を振り返りながら、残された人生をどのように生きるかを考える機会を与える内容となっている。

著者プロフィール

日野原 重明(ヒノハラ シゲアキ)

1941年山口県に生まれる。父の影響を受け7歳で受洗。1937年京都帝国大学医学部卒業、同大学院修了。1941年聖路加国際病院内科医となり、内科医長、院長、聖路加看護大学学長を歴任。現在、聖路加国際病院理事長・名誉院長、(財)ライフ・プランニング・センター理事長などを務める。1998年東京都名誉市民、1999年文化功労者、2005年文化勲章受章、2007年ユニセフ協会大使就任、2010年世界宣教東京大会顧問。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに  窪寺俊之

なぜホスピスが必要か――生きがいを感じて生きる  日野原重明
  私の活動
  生きがいを感じられる生き方
  ホスピス設立の必要性
  おわりに

いのちの教育――生きがいと時間  日野原重明
  はじめに
  いつくるかもしれない「いのち」の喪失
  人間の行動力はどこからくるか
  人生の試練の受け方
  私たちの時間と「いのち」

関連書

福祉の役わり・福祉のこころ6『「いま、ここで」のかかわり』
福祉の役わり・福祉のこころ4『みんなで参加し共につくる』
福祉の役わり・福祉のこころ3『とことんつきあう関係力をもとに』
福祉の役わり・福祉のこころ2『与えあうかかわりをめざして』
『福祉の役わり・福祉のこころ』


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。