大学出版部協会

 

寺山修司という疑問符

寺山修司という疑問符

郡 千寿子:編著, 仁平 政人:編著
四六判 上製
定価:1,800円+税
ISBN978-4-907192-16-7 C3095
奥付の初版発行年月:2014年10月

内容紹介

 青森県出身の作家・寺山修司は、四十七年という短い生涯の中で、詩歌・童話・小説・エッセイ・評論といった文筆活動にとどまらず、演劇、映画、作詞など、多様な領域を横断して先鋭的な活動を行ない続けた。彼の残した作品や言葉は、没後三十年を経た今日にあっても、多くの人を魅了し続けている。ただしその一方で、現在では寺山の営為に関わる文脈の多くは忘却され、その活動が定型的なイメージで捉えられやすくなっていることも否定しがたい。本書は、弘前大学教育学部に属する八名の研究者が、寺山修司について、それぞれの専門の立場(文学、言語学、国語教育、社会学、美術…)から新たなアプローチを試みた論集である。様々な視点・テーマにもとづく本書の多角的な追求は、寺山修司という「疑問符」の力を今日において甦らせる上で、確かな意義を有すると考えられる。


目次

はじめに ―寺山修司という疑問符― (仁平政人)

レンズ越しの「宇宙人」 (髙瀬雅弘)
汝再び故郷に帰れず
 ―寺山修司と故郷の再〈ソウゾウ〉 (ジョシュア・ソロモン)
寺山修司の色彩世界
 ―短歌からの分析 (郡千寿子)
贋作・田園に死す (山田史生)
短歌における「私」の位相とその教材性
 ―寺山が操る「作者の私」と「作中の私」 (児玉 忠)
教材として読む寺山修司『青女論』
 ―第七章「情熱」を手がかりに― (鈴木愛理)
寺山修司と人力飛行機 (石川善朗)
機械仕掛の〈宮沢賢治〉
 ―演劇『奴婢訓』と「(反)書物」の思考― (仁平政人)

◆資料
 情熱(『青女論』第七章)
 「情熱(『青女論』第七章)」教材の手引き〈解答例〉

あとがき (郡千寿子)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。