大学出版部協会

 

白神学入門

白神学入門

A4判 81ページ 並製
定価:1,000円+税
ISBN978-4-902774-87-0 C3000
奥付の初版発行年月:2012年04月

内容紹介

 白神山地には手つかずに近い広大なブナの林が広がっている。ここは本州の日本海側に特有な多雪地域であり、複雑な地形の上に多種多様な動植物が生息している。また、薪炭材の産地や鉱山、“マタギ”と呼ばれる人々による狩猟の地として、古くから人の手が加わってきた地域でもある。白神山地の中心に位置する16,971haの世界遺産地域は、現在、手厚い保護の対象となっているが、地球温暖化や酸性雨、外来種、人と自然の関わり方など、これを取り巻く環境は常に変化している。白神山地の過去と現在を知ることは、今後の変化に備えるために重要であるばかりか、人と自然の共生の道を探る手がかりとなるはずである。本書は弘前大学で開講されている授業「白神学入門」の教科書として制作され、白神山地をテーマとした研究をおこなう15名の教員や専門家がそれぞれの分野について最近の研究成果をまじえながら、白神山地のあれこれを多角的に紹介している。



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。