大学出版部協会

 

Voices from the Snow

Voices from the Snow

A5判 285ページ 並製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-902774-50-4 C0098
奥付の初版発行年月:2009年09月 / 発売日:2009年09月中旬
発行:弘前大学出版会  
発売:弘前大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

 『Voices from the Snow』。津軽文学と解説するエッセーの前例のない選集。長部日出雄作「津軽じょんから節」、「津軽世去れ節」、「雪のなかの声」(1973年、第69回直木賞)、高木恭造作「婆々宿」と「相野」、津軽の昔話の二点は、いずれも初めての英訳出版。津軽三味線・津軽民謡・イタコ・鬼についてのエッセーは、一般読者だけではなく、学者にも興味深い。カラー写真37点、関係文献総覧、人名・地名一覧。

Voices from the Snow is a unique combination of Tsugaru literature alternated with explanatory essays that aims to give the reader a physical feel for this area in northern Japan. It is the first publication in English of the award-winning stories “Tsugaru Jonkarabushi,” “Tsugaru Yosarebushi”, and “A Voice in the Snow” by Hideo Osabe (69th Naoki Prize, 1973), “Grannies’ Lodge” and “Yasaburō’s House” by the poet Kyōzō Takagi (his English debut in fiction), and two Tsugaru folktales. Essays by reputable scholars cover the fields of Tsugaru-shamisen music, Tsugaru folk song, Tsugaru folk religion, and the role of oni (demons) in Tsugaru folklore. They are aimed at the common reader, although specialists will also find much new information here. Thirty-seven gorgeous color plates, extensive bibliography, comprehensive list of personal and geographic names.



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。