大学出版部協会

 

デザインの原郷 1944-2004

デザインの原郷 1944-2004

菊判 304ページ
定価:2,900円+税
ISBN978-4-901631-63-1(4-901631-63-2) C3070
奥付の初版発行年月:2004年12月

内容紹介

原点は1944年。敗戦を京城(現・ソウル)で迎えた8歳の少年は、引揚げを絵日記に綴る。当時の記録《朝鮮から日本へ》をはじめ、会津藩・鍔師の末裔としての歴史観も見え隠れする私的デザインの旅は、異色のデザイン史ともいえる。
60年代から70年代を家電メーカーのプロダクトデザイナーとして過ごした後、武蔵野美術大学で30年にわたって教鞭をとる網戸通夫教授の退任記念出版。


目次

デザイン—
生活世界の原郷と形成 向井周太郎
第一章 子どものまなざし 戦争と私
第二章 デザインのゴールデンエイジ 六〇年代の青春
第三章 暮らしのプロダクトデザイン 家電デザイン室から
第四章 かわる大学・かわらぬ大学 ムサ美での三〇年
第五章 源流をたどる 鍔師の末裔として
終 章 生活とデザイン


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。