大学出版部協会

 

社会学のまなざし

社会学のまなざし

A5判 180ページ
定価:1,900円+税
ISBN978-4-901631-60-0(4-901631-60-8) C3036
奥付の初版発行年月:2004年04月

内容紹介

近代に生まれた社会学の、現在に至る展開の過程と主要な問題点をわかりやすく論述した。家族や社会や労働システムはどのように変遷してきたのか。社会のありようやあるべき姿を社会学的に分析・模索する。


目次

第1部 近代と社会学
1—近代と新しい社会認識:マルクス
2—近代との格闘:デュルケムとウェーバー
3—近代の暗黒:戦争とトラウマ
第2部 社会の舞台
1—近代家族の変容:インセント・タブー、密室、イソノ家
2—連帯の変容と社会保障:生活をどうやって支えるのか
3—労働と職場:フォーディズムからポスト・フォーディズムへ
第3部 社会学と現代
1—テクノロジーと社会:テクネーとメガマシーン
2—グローバリゼーションと現代社会:マクドナルド、HIV、内戦
3—女性、クイア、マイノリティ:新しい主体


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。