大学出版部協会

 

ワークショップ実践研究

ワークショップ実践研究

A5判 200ページ
定価:1,967円+税
ISBN978-4-901631-22-8(4-901631-22-5) C3037
奥付の初版発行年月:2002年04月

内容紹介

どうして太陽が黒いの?
ワークショップとは? アートを媒介としたコミュニケーションの手段ととらえ,美術館,地域社会,学校,病院,さまざまな場所での実践記録をおさめる。誰のために,なぜ必要なのかを解明する。


目次

はじめに=杉山貴洋
第1部 
ワークショップという梃子は=岩崎清
第2部 
表現を共有する—枠のない美術教育=小串里子+前田ちま子+小笠原真子+山崎雅子/
bridge:1
[ブルーノ・ムナーリ]=岩崎清
第3部 
なぜ“ワークショップ”だったのか=前田ちま子/ワークショップの実践=齋正弘/
地域社会におけるまちづくりワークショップの試み=齋藤啓子/
bridge:2
[ローレンス・ハルプリンとアン・ハルプリン]=齋正弘
第4部 
自然や行為をなかだちに学ぶ=葉山登/「からだとことば」のワークショップ=竹内敏晴/bridge:3[マリー・シェーファー]=白石美雪
第5部 
八枚の絵—共同参加の心理療法から=石川瞭子/尻尾のついたコーヒーカップ=杉山貴洋
第6部 
ワークショップの準備体操=杉山貴洋/事例集:ちびくろの根っこ=小笠原真子/住民のせせらぎ=世田谷区+(財)世田谷区都市整備公社まちづくりセンター/みんなのさわぎく=岩崎清/今ここにしかない形=中嶋夏/視ることへの深化=降旗千賀子/半歩遅れてついていく=杉山貴洋
おわりに—
ワークショップと教育のあいだ=高橋陽一


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。