大学出版部協会

 

新環境政策原理

新環境政策原理

A5判 176ページ 上製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-89205-636-9 C3033
奥付の初版発行年月:2016年07月 / 発売日:2016年07月上旬
発行:麗澤大学出版会  
発売:廣池学園事業部
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

本書は、長年著者が提唱してきた「M-N構造理論(自然界の秩序<N構造>と市場<M構造>の関係理論)」の環境政策分野への適用版である。新しい分析用具「屈折スプーン型限界削減費用曲線」が定式化され、それを用いて企業の汚染削減と社会厚生の関係が明らかにされる。特に環境税と排出許可証取引について、現行理論とは異なる分析手法の提言がなされており、その意味で本書は現行理論に対する抵抗の書である。

著者プロフィール

永井 四郎(ナガイ シロウ)

麗澤大学経済学部・同大学院経済研究科教授。主要著書に、『技術情報の経済学』(税務経理協会)、『応用現代経済学』(麗澤大学出版会)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はしがき
第1章 現代経済と技術
第2章 環境問題の経済学的アプローチ
第3章 環境政策理論の問題点
第4章 環境政策理論の新しいアプローチ
第5章 環境政策をめぐる諸問題
第6章 環境政策手段と環境改善イノベーションの可能性
補 論 〔Ⅰ〕日本企業の環境意識――アンケート調査結果から
    〔Ⅱ〕環境配慮型経営のすすめ
    〔Ⅲ〕本書第3章の議論をめぐる論争


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。