大学出版部協会

 

「六病息災」(むびょうそくさい)の小川です!

「六病息災」(むびょうそくさい)の小川です!

四六判 240ページ 並製
定価:1,500円+税
ISBN978-4-89205-598-0 C0095
奥付の初版発行年月:2010年05月 / 発売日:2010年05月下旬

内容紹介

雨のひには、雨とともに生きよう――「うつ病」はかならず治る! 永遠のアナウンサー・小川宏が。自らの体験をもとに、ユーモアをまじえ、心をこめて語りかける「老い」と「病(やまい)」、そして「一日一生」の生き方。

前書きなど

現在、急増している病気のなかに「うつ病」や「糖尿病」や「ガン」なだがあります。とくに「うつ病」は、私のように自死に走る人も多く、マスコミにもとりあげられて社会問題にもなっています。また、自ら命を落とす人も数えきれません。いかにしたら「うつ」をふせげるのか、もし、家族がうつになったらどう対応すればいいのか。他人事と思えず、私たちの体験と取材をふまえて、一生懸命書きました。
うつ病は完治しましたが、“六病息災”(むびょうそくさい)です。講演んご依頼も「うつ病」についてが、数多くあります。病気を重ねて家族の絆が深まったことも事実です。なにかのご参考になれば、筆者として誠に幸いです。

著者プロフィール

小川 宏(オガワ ヒロシ)

1926年、東京生まれ。1949年、NHKにアナウンサーとして入局。4年間東北勤務。1953年、東京中央放送局に転勤。1955年より10年間番組「ジェスチャー」の司会。1965年、NHKを退職、フリーに。同年5月よりフジテレビのワイドショー「小川宏ショー」の司会。1982年3月同番組終了。以後、各種番組の司会。現在、テレビ、ラジオに出演するとともに、講演、執筆を行っている。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1章 うつ病から生還する 
この倦怠感はいったいなんだろう/闘ってはいけません/恥をしのんで発病の原因を述べましょう/他
第2章 わたしのうつ病勉強日記 
太陽が昇って沈むみたいに/社会ぐるみで立ち上がって守ってほしい/いのちの電話は待っています/他
第3章 わが家と病気とのおつきあい 
「一に運動、二に食事、三が薬」の糖尿病です/医者のよい言葉はこころに効く薬です/他
第4章 熟れゆく老いの時間 
好奇心が大きな夢に結びつくとき/人生はチャレンジの先に続いている/よく眠れた夜に感謝する人は少ない/他


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。