大学出版部協会

 

 第二次大戦中、日本海軍駆逐艦に命を救われた英国外交官の回想ありがとう武士道

ありがとう武士道 第二次大戦中、日本海軍駆逐艦に命を救われた英国外交官の回想

四六判 320ページ 上製
定価:1,600円+税
ISBN978-4-89205-581-2 C0023
奥付の初版発行年月:2009年08月 / 発売日:2009年08月中旬

内容紹介

「武士道」の精神の中核には、「敵を愛し敬う」という「博愛」の精神があった。
第二次大戦初期、1942年3月、ジャワ沖海戦において日本海軍・駆逐艦「雷」は、自らの危険を顧みず、漂流中の英国海軍将兵422人を救助し、手厚く介護した。この救助劇は、「雷」艦長・工藤俊作少佐が口を閉ざして語らなかったために、知る人はほとんどいなかった。
本書は、このとき救助され、九死に一生を得、のちに海軍士官から外交官に転じたフォール卿が、武士道精神の実践たる「秘話」を自らの体験として語っている。また、楽観的人生観を貫き、外交官として、数々の難局に挑んだ痛快な一代記でもある。

著者プロフィール

サム・フォール(フォール,S.(サム))

1919年イギリスに生まれる。1937年、英国海軍に入隊。39年、海軍中尉に任官。42年、第2次大戦のジャワ沖海戦において、乗艦「エンカウンター」が日本軍に撃沈され、一昼夜漂流ののち、海軍少佐・工藤俊作艦長率いる駆逐艦「雷」に救助され、九死に一生を得た。日本軍の捕虜として3年間の生活ののち、45年帰国。その後、外交官に転じ、クウェート大使、スウェーデン大使等を歴任し、その功績によって、「サー」の称号を与えられた。

中山 理(ナカヤマ オサム)

麗澤大学外国語学部教授・学長

先田 賢紀智(サキタ ケンキチ)

千葉県立湖北高等学校教諭

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1部 ザ・ロイヤルネーヴィー 少年時代/海軍士官候補生と少尉候補生/英国海軍駆逐艦「エンカウンター」/ジャワ沖海戦/戦争捕虜
第2部 平和と外交術 就職活動/外務省とイラン/レバノン、ロンドンそしてスエズ
第3部 刺激的な任務/イギリス大使館とイラクの支配層/イラク旅行/革命の年の始まり/政府の行動と反動/クウェート・シンドローム/革命前夜/革命/革命の後
第4部 大英帝国 アデンと南アラビア連邦/マレーシアとシンガポール/クウェート/ベトナムでの出来事/ナイジェリア/アルジェリアと欧州委員会
エピローグ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。