大学出版部協会

 

武力紛争における国際人権法と国際人道法の交錯

武力紛争における国際人権法と国際人道法の交錯

A5判 304ページ 上製
定価:3,200円+税
ISBN978-4-88125-294-9 C3200
奥付の初版発行年月:2015年02月

内容紹介

内戦や対テロ戦争が多発する中で、国際司法の場でも国際人権法と国際人道法の適用をどうするか議論されている。
本書はその交錯について理論・規定構造・適用事例等から再検討し、法的基盤の観点から多角的に捉えなおすものである。

著者プロフィール

髙嶋陽子(タカシマ ヨウコ)

2005年 専修大学法学部卒業
2007年 専修大学大学院法学研究科法学専攻修士課程修了
2011年 外務省国際法局国際法課国際法調査員
2012年 専修大学大学院任期制助手
2013年 専修大学大学院法学研究科公法学専攻博士後期課程修了
     博士(法学)
2014年 専修大学法学部助教

主要論文
「国連安全保障理事会と武力紛争下の文民保護―リビアの事例を中心に―」『専修総合科学研究』第21号(2013年)
「『武力紛争における人権』の概念―1960年代後半の国連における議論の位置付け―」『専修法学論集』第122号(2014年)
「武力紛争における人権条約の域外適用可能性」『専修法学論集』第123号(2015年)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序論

第1部 国際人権法と国際人道法の交錯の理論状況
 第1章 伝統的議論枠組
  第1節 議論背景――国連における議論の混乱
  第2節 分離説の存立基盤

 第2章 「交錯」の法的根拠
  第1節 補完説の内実
  第2節 統合説の理論的位置
  第3節 「交錯」の多義性

第2部 国際人権法と国際人道法の適用範囲
 第3章 武力紛争における国際人権法の適用範囲
  第1節 緊急事態における継続適用可能性
  第2節 人権条約の域外適用可能性
  第3節 小括

 第4章 武力紛争における国際人道法の適用範囲
  第1節 国際的武力紛争及び占領
  第2節 内戦及び非国際的武力紛争
  第3節 小括

第3部 裁判所による紛争処理過程における交錯
 第5章 占領における国際人権法と国際人道法
  第1節 国際司法裁判所の解釈適用権限
  第2節 「パレスチナ占領地域における壁建設の法的帰結」事件
  第3節 「コンゴ領における軍事活動」事件
  第4節 占領における交錯の実態

 第6章 内戦・非国際的武力紛争における交錯
  第1節 ヨーロッパ人権裁判所の解釈適用権限
  第2節 裁判所の判断基準
  第3節 内戦における「力の行使」の法的性格
  第4節 小括

結論


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。