大学出版部協会

 

 水利政策の展開を中心に日中戦争期における汪精衛政権の政策展開と実態

日中戦争期における汪精衛政権の政策展開と実態 水利政策の展開を中心に

A5判 244ページ 上製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-88125-284-0 C3022
奥付の初版発行年月:2014年02月 / 発売日:2014年02月下旬

内容紹介

日本軍占領下で成立した汪精衛政権は、淮河の堤防修復工事や、灌漑事業などを行った。著者はそこに注目し、事業の特徴を検討して、政権が増水被害や食料不足の解消に努めたことをあげている。

著者プロフィール

小笠原 強(オガサワラ ツヨシ)

1979年、岩手県釜石市出身。
2002年、帝京大学文学部史学科卒業。
2004年、専修大学大学院文学研究科歴史学専攻修士課程修了。
2010年、専修大学大学院文学研究科歴史学専攻博士後期課程単位取得退学。
2013年、博士(歴史学)取得。

共著:
田中正敬・専修大学関東大震災史研究会編
『地域に学ぶ関東大震災 千葉県における朝鮮人虐殺その解明・追悼はいかになされたか』
(日本経済評論社、2012年、冒頭文・第一部第一章担当)

論文・資料:
「汪精衛政権行政院からみた政権の実態について-機構・人事面から-」(『専修史学』第38号、2005年)
「汪精衛政権の水利政策-安徽省淮河堤修復工事を事例として」(『中国研究月報』第61巻10号、2007年10月)
「千葉県における関東大震災と現代-共同研究の概要と目的』(『専修史学』第45号、2008年)
「『周仏海日記』にみる対日和平論の変遷」(『専修史学』第48号、2010年3月)
「調査者とともにたどる関東大震災朝鮮人虐殺事件の地域(3) 船橋市営馬込霊園・船橋無線塔記念碑をあるく」(『専修史学』第49号、2010年)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序論
第1章 汪精衛政権概史
 第1節 日中戦争の勃発と「汪兆銘工作」(1937年7月~1940年3月)
 第2節 汪精衛政権の成立から対米英戦まで(1940年3月~1942年)
 第3節 汪精衛政権の対米英戦から政権解体まで(1943年~1945年)
第2章 汪精衛政権の政権構想-周仏海の政権構想から-
 第1節 周仏海について
 第2節 汪精衛政権成立前の対日和平論-1937年~1939年
 第3節 汪精衛政権成立後の対日和平論
第3章 汪精衛政権の水利政策の概要
 第1節 水利政策の執行機関
 第2節 水利政策の概要
第4章 安徽省淮河堤防修復工事
 はじめに
 第1節 民国期の淮河と日中戦争による被害
 第2節 汪精衛政権による淮河堤防修復工事(1)-淮河北岸工事
 第3節 汪精衛政権による淮河堤防修復工事(2)-淮河南岸工事
第5章 江蘇省呉江県龐山湖灌漑実験場「接収」計画
 はじめに
 第1節 汪精衛政権と食糧問題と龐山湖灌漑実験場
 第2節 1940年~1941年の「接収交渉」
 第3節 龐山湖灌漑実験場の「接収」と汪精衛政権のよる管理
第6章 三ヵ年建設計画(1)-「蘇北新運河開闢計画」-
 第1節 汪精衛政権に「戦時体制」と「三ヵ年建設計画」による水利政策の転換
 第2節 「蘇北新運河開闢計画」
第7章 三ヵ年建設計画(2)-東太湖・尹山湖干拓事業
 はじめに
 第1節 「東太湖浚墾」事業の開始
 第2節 事業の展開
 第3節 事業の再開と1945年以降の尹山湖
結論


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。