大学出版部協会

 

日本経済 その構造変化をとらえる

日本経済 その構造変化をとらえる

四六判 260ページ 並製
定価:1,600円+税
ISBN978-4-88125-270-3 C1033
奥付の初版発行年月:2012年03月

内容紹介

低成長下の15-20年間に、企業、貿易、農業、労働、金融、財政の6つの分野で何が起きたのか。その構造変化を解き明かし、日本経済がかかえる問題点や課題を指摘して展望する。

著者プロフィール

田中 隆之(タナカ タカユキ)

1957年 長野県生まれ。東京大学経済学部卒業。博士(経済学)。日本長期信用銀行調査部ニューヨーク市駐在、長銀総合研究所主任研究員、長銀証券投資戦略室長チーフエコノミスト、専修大学専任講師などを経て、現在、専修大学経済学部教授。
専攻:日本経済論、財政金融政策。
著書:『現代日本経済 バブルとポスト・バブルの軌跡』日本評論社、2002。『平成バブル 先送りの研究』(共著)東洋経済新報社、2005。『「失われた十五年」と金融政策』日本経済新聞出版社、2008。『金融危機にどう立ち向かうか』ちくま新書、2009。『日本経済 未踏域へ「失われた20年」を超えて』創成社、2011。『総合商社の研究 その源流、成立、展開』東洋経済新聞社、2012。

遠山 浩(トオヤマ コウ)

1963年 京都府生まれ。同志社大学経済学部卒業、専修大学大学院経済学研究科博士課程単位修得。日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)、投資会社等を経て、現在、専修大学経済学部准教授。
専攻:中堅企業論、地域産業論、中小・ベンチャー企業金融論。
著書・論文:『中国の産学連携』(共著)関満博編、新評論、2007。『「交流の時」を迎える中越国境地域』(共著)関満博・池部亮編、新評論、2011。「川崎中小製造業の新展開」『日経研月報』2011. 12月号。『震災復興と地域産業』(共著)関満博編、新評論、2012。

伊藤 恵子(イトウ ケイコ)

愛知県生まれ。早稲田大学理工学部卒業、筑波大学大学院修士課程地域研究研究科修了、一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。経済学博士(一橋大学)。財団法人国際東アジア研究センター上級研究員、専修大学講師などを経て、現在、専修大学経済学部准教授。
専攻:国際経済学、応用経済学、産業組織論。
著書・論文:「東アジアにおける貿易パターンと直接投資:日本製造業への影響」、松本和幸編『経済成長と国際収支』第6章、日本評論社、2003。「垂直的産業内貿易と直接投資:日本の電機産業を中心とした実証分析」(共著)『日本経済研究』第51号、2005。”Determinants of the Profitability of Japanese Manufacturing Affiliates in China and Other Regions: Does Localization of Procurement, Sales, and Management Matter?” The World Economy, Volume 33, 2010 (共著)。「政府統計ミクロ・データによる生産性分析」藤田昌久・長岡貞男編著『生産性とイノベーションシステム』(共著)第2章、日本評論社、2011。

永江 雅和(ナガエ マサカズ)

1970年 福岡県生まれ。一橋大学経済学部卒業、一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位修得退学。博士(経済学)。日本学術振興会特別研究員を経て、現在、専修大学経済学部教授。
専攻:日本経済史
著書・論文:「第一次農地改革期の農地移動-埼玉県都市近郊農村の事例を中心に」『日本史研究』468号、2001。「食糧供出と農地改革-埼玉県南埼玉郡八條村を事例として」『土地制度史学』161号、1998。『日本不動産業史』(共著)橘川武郎・粕谷誠編、名古屋大学出版会、2007。西田美昭・加瀬和俊編『高度経済成長期の農業問題』(共著)日本経済評論社、2000。

兵頭 淳史(ヒョウドウ アツシ)

1968年 大阪生まれ。九州大学法学部卒業、同博士課程単位取得。九州大学法学部助手、法政大学大原社会問題研究所嘱託研究員、東京大学日本経済国際共同研究センター客員講師などを経て、現在、専修大学経済学部教授。
専攻:社会政策、労働問題。
著書、論文:『労働組合の組織拡大戦略』(共著)お茶の水書房、2006。『新自由主義と労働』(共著)御茶の水書房、2010。『現代労働問題分析』(共編著)法律文化社、2010。『新自由主義批判の再構築』(共著)法律文化社、2010。

山中 尚(ヤマナカ タカシ)

1960年 東京都生まれ。一橋大学経済学部卒業、一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位修得。一橋大学経済学部助手を経て、現在、専修大学経済学部教授。
専攻:金融論、企業金融論。
著書・論文:「為替レートの浸透効果」『一橋論叢』1990。「政策金融と財政投融資:資金供給機能に関する研究の現状」『経済分析』第140号、経済企画庁経済研究所、1995。吉岡恆明他『現代経済学(第2版)』(共著)多賀出版、1998。吉岡恆明他『最初の経済学(第3版)』(共著)同文舘出版、2011。

中野 英夫(ナカノ ヒデオ)

1965年、東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位修得。高崎経済大学経済学部専任講師を経て、現在、専修大学経済学部教授。
専攻:財政学、公共経済学。
著書・論文:井堀利宏編『日本の財政赤字』(共著)岩波書店、2004。『「小泉改革」とは何だったのか―政策イノベーションへの次なる指針』(共著)上村敏之・田中宏樹編、日本経済新聞出版社、2006。『検証 格差拡大社会』(共著)上村敏之・田中宏樹編、日本経済新聞出版社、2008。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 東日本大震災と日本経済の構造変化  田中隆之
第1章 競争と連携が育てる元気な中小企業  遠山 浩
第2章 東アジアの貿易構造の変化と日本経済  伊藤恵子
第3章 現代日本農業の原点を考える 農地・食糧問題を中心に  永江雅和
第4章 変わる「日本的経営」と雇用・賃金・労使関係  兵頭淳史
第5章 大きく変貌する金融システム  山中 尚
第6章 わが国の財政の何が問題なのか  中野英夫


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。