大学出版部協会

 

野中古墳と「倭の五王」の時代

大阪大学総合学術博物館叢書10
野中古墳と「倭の五王」の時代

A4判 96ページ 並製
定価:2,200円+税
ISBN978-4-87259-220-7 C1321
奥付の初版発行年月:2014年02月 / 発売日:2014年02月上旬

内容紹介

大阪の河内周辺は多くの古墳があり,調査が進められていた.そのうち古市古墳群に属する野中古墳は出土資料が質・量ともに充実した遺跡である.資料のうち11領の鉄製甲冑は,1つの古墳からの出土数としては日本でも傑出しており,襟付短甲と呼ばれる王権を代表する象徴的な甲冑も含む.1964年の発掘以来未公開であったが,このたび修復作業が完了し初展示・公開される.


目次

第1部 図説「野中古墳と河内の古墳」
「倭の五王」の時代を探る
(1)「倭の五王」の時代と考古学
(2)野中古墳の発掘調査
政の要は軍事なり−武器と武具
(1)甲冑
(2)鉄剣・鉄刀
(3)鉄鏃
技術革新と古墳祭祀
(1)鉄製農工具の出現と大開発の時代
(2)土器からみる東アジア交流
(3)墳丘上の儀礼と埴輪・石製品
古市古墳群の形成と内実
(1)3・4世紀の中河内地域
(2)誉田御廟山古墳・墓山古墳とその陪家
(3)東アジア情勢と百舌鳥・古市古墳群

第2部 論考「野中古墳をめぐる諸問題」


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。