大学出版部協会

 

 その変質の諸相本居宣長の思想構造

本居宣長の思想構造 その変質の諸相

A5判 252ページ 上製
定価:3,500円+税
ISBN978-4-86163-252-5 C3010
奥付の初版発行年月:2015年03月 / 発売日:2015年03月上旬

内容紹介

あるべき「人の心」とは何か。その「心」を手に入れるためには、何をどう学ぶべきか。人の生きる世界の成り立ちと、その世界と人との関わり方に関心を抱き続けた江戸期の国学者・本居宣長。万葉集・新古今・源氏・日本書紀・古事記といった文献にその答えを求め、宣長の思想は揺れ動き変化していった。折り重なる思想構造の中で紡ぎ出された言葉に耳を傾け、宣長の新たな姿を見出す。


目次

第一章 「物の心」と「事の心」―「排蘆小船」から「石上史私淑言」へ
第二章 「真心」と国―「直霊」から「直毘霊」へ
第三章 「物のあはれ」と道―「紫文要領」から「源氏物語玉の小櫛」へ
第四章 日本書紀文批評―「書紀の論ひ」から「神代紀髻華山陰」へ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。