大学出版部協会

 

 『論理学研究』から『イデーン』までフッサールにおける超越論的現象学と世界経験の哲学

フッサールにおける超越論的現象学と世界経験の哲学 『論理学研究』から『イデーン』まで

A5判 338ページ 上製
定価:3,500円+税
ISBN978-4-86163-249-5 C3010
奥付の初版発行年月:2015年01月 / 発売日:2015年01月中旬

内容紹介

私たちは世界をどのように経験し、知り、生きるのか。いや、そもそも「意識ならざるもの」が「ある」とはどのようなことなのか。
近代認識論的哲学の問題意識が背後に迫りくるなか、フッサールは独りひたすらに自らの現象学を彫琢していった。志向性理論と意味理論の展開、現象学的方法の理念、そして観念論。出発点となった『論理学研究』から『イデーンI』にいたるフッサール現象学の軌跡をたどり、意識ならざる世界の「存在」を「現象」から理解しようとしたフッサールの思索が描き出す「世界経験の哲学」を明らかにする。


目次

はじめに
凡例
第一章 『論理学研究』における現象学と志向性
第二章 現象学の展開
第三章 意味理論の観点から
第四章 現象学的観念論
第五章 世界経験の現象学
結論


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。