大学出版部協会

 

 環境の時代の研究最前線コンポスト科学

コンポスト科学 環境の時代の研究最前線

B5判 並製
定価:3,500円+税
ISBN978-4-86163-234-1 C3040
奥付の初版発行年月:2015年07月 / 発売日:2015年07月上旬

内容紹介

コンポスト(堆肥)の現場での製造や利用の最前線から、その基礎から応用までの科学的知見を総合的に示す。


目次

はじめに
1 コンポスト科学の基礎
2.1 家畜排泄物コンポスト化過程における微生物群集構造の変化
2.2 牛ふんコンポストからの硫黄酸化細菌の分離
2.3 バクてリオシン産生微生物
2.4 バクテリオファージ
2.5 コンポスト化過程への微生物の接種
3.1 コンポストの施設例
3.2 宮城県の現状
3.3 アシドロコンポスト施設の稼働例
4.1 家庭ごみおよび牛ふんのアシドロコンポスト処理過程における微生物群集の解析
4.2 生物素材による水産廃棄物からの重金属除去技術の開発

ーコンポスト生産を核とした複合生態領域(陸域ー水域)の持続的生産と環境保全をめざして
4.3 汚泥減量化
4.4 ヒトデのコンポスト化技術とその実用性
4.5 スギ人工林の針広混交林化とコンポスト利用

ー炭素固定の促進と環境負荷の低減ー
5.1 環境保全に配慮した持続的農業におけるコンポストの重要性、利用上の課題と対策
5.2.1 家畜ふんコンポストの腐熟度の簡易評価
5.2.2 コンポストの窒素供給能の評価法
5.2.3 家畜ふんコンポストのリン酸の特徴と可給性
5.3 コンポストの窒素供給能を基にした適正施用

(水稲、スイートコーン、キャベツ)
5.4.1 リン酸施用量を基準としたコンポスト施用体系

ー沖積水田土壌における水稲収量の確保と土壌リン酸蓄積抑制
5.4.2 リン酸施用量を基準としたコンポスト施用体系

ー黒ボク畑土壌における作物収量の確保と土壌リン酸蓄積抑制
5.5 飼料作物の品質に配慮した家畜ふん堆肥の利用
5.6 新しいタイプの酸性コンポストの機能性と利用

ーアシドロコンポストの特性と機能性ー
5.7 作物の病害防除を目指した高機能コンポスト
6.1 メタン発酵と消化液農地還元利用を核としたバイオマス循環システム
6.2 生物を利用した環境評価
6.3 コンポストのLCA
6.4 リモートセンシング技術とコンポストの適正利用
6.5 地域資源循環システム(メタン発酵・炭素貯留など)
6.6 コンポストを利用した炭素の土壌貯留
6.7 コンポスト溶出成分の土壌影響
7 関連法規
8 執筆者一覧

おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。