大学出版部協会

 

 鑑真門流を中心に奈良仏教と古代社会

奈良仏教と古代社会 鑑真門流を中心に

A5判 326ページ 上製
定価:3,600円+税
ISBN978-4-86163-174-0 C3021
奥付の初版発行年月:2012年06月 / 発売日:2012年06月中旬

内容紹介

本書では鑑真門弟・法進とその庇護者、藤原仲麻呂という2名の人物を中心に、鑑真一門のもたらした護国仏教思想が日本社会に与えた影響を多面的に考察する。法進の著した戒律註釈書を唐仏教「移植」の成果としてとらえ直すとき、そこには稀代の文人政治家・仲麻呂が自らの生き残りを賭して構築した君臣観との接点が浮かび上がる。護国・朝廷の安寧を奈良仏教の本質と考える「国家仏教論」評価に一石を投じると共に、鑑真一門の構築した南都戒壇に大乗菩薩戒という挑戦状を突きつけた平安仏教の旗手・最澄と法進との間に結ばれた確かな紐帯の存在を見きわめる、新たな視点からの古代思想史像構築の試み。



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。