大学出版部協会

 

 初期ホーリネスの宗教学的研究近代日本の民衆キリスト教

近代日本の民衆キリスト教 初期ホーリネスの宗教学的研究

A5判 292ページ 上製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-86163-037-8(4-86163-037-1) C3014
奥付の初版発行年月:2006年11月

内容紹介

中田重治を中心とするホーリネス運動は、明治末から昭和初期にかけて、聖霊の直接的な体験や、病気の癒し、差し迫ったキリストの再臨などを説くことによって、エリートではない庶民層にまで勢力を伸ばした。本書は「宗教学」の視点に立ち、従来の研究史の中で空白になっていた彼らの活動の実態を、当時の機関紙などの資料から丹念に描き出した、初めての本格的な研究書である。キリスト教研究の分野だけでなく、広く近代の宗教史や民衆運動、世界宗教の土着化の問題などに興味をもつ読者にも、大きな示唆を与える一書。


目次

序  章 宗教学の研究課題としての初期ホーリネス
第一章 聖潔(きよめ)を掲げた人たち
第二章 神癒(いやし)の教理と愛児の死
第三章 電信員伝道をめぐって
第四章 信徒たちの「救い」
第五章 二つのリバイバルと再臨信仰
第六章 近代日本における聖霊派の糸譜
あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。