大学出版部協会

 

 シンガポール、マレーシア、インドネシアの国境を行くマラッカ海峡

ブックレット・ボーダーズ
マラッカ海峡 シンガポール、マレーシア、インドネシアの国境を行く

B5判 72ページ 並製
定価:900円+税
ISBN978-4-8329-6842-4 C0025
奥付の初版発行年月:2018年08月 / 発売日:2018年08月下旬

内容紹介

マラッカ海峡を挟むマレーシアのジョホール、シンガポール、インドネシアのリアウ諸島。中世は同じマレー王国だった3つの地域の分断と変貌。刻印される日本とベトナム戦争の影、マラッカ海峡安全航行のために今の日本が果たしている役割。本書を片手にマラッカ海峡を旅してみよう。

著者プロフィール

田村 慶子(タムラ ケイコ)

北九州市立大学法学部政策科学科 教授
専門は東南アジア地域研究、国際関係論

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はしがき………岩下明裕

はじめに………田村慶子

Ⅰ 地名から見る世界都市シンガポール………田村慶子

Ⅱ マラッカ海峡―安全と平和を求めて………佐々木生治

Ⅲ コーズウェイ―愛憎と共存のシンガポールとマレーシア………田村慶子

Ⅳ 「昭南島」―戦争の記憶を見る………田村慶子

Ⅴ ガラン島・レンパン島―島に残る大戦の痕跡………本田智津絵

おわりに………岩下明裕


【コラム】
移民が作ったローカルフード………田村慶子
海峡を愛した日本人………佐々木生治
逆風に翻弄される輸出基地バタム島………本田智津絵
国立博物館特別展『戦争体験 ―一九四二年を記憶する』………齋藤梨津子
不法出入国者………佐々木生治


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。