大学出版部協会

 

Sustainable Low-Carbon Society

Sustainable Low-Carbon Society

B5変 216ページ 上製
定価:6,000円+税
ISBN978-4-8329-0357-9 C3036
奥付の初版発行年月:2010年03月 / 発売日:2010年04月中旬
発行:北海道大学出版会  
発売:北海道大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

本書は,2009年に出版し大好評の『持続可能な低炭素社会』の英訳本である。
北海道大学では,2008年に洞爺湖サミットが開催された折,その前後4週間をサステナビリティウィークスと定めて各種のイベントを開催し,研究成果を広く一般に発信した。その一環として大学院共通講義・市民公開講座として「持続可能な低炭素社会」を開講した。『持続可能な低炭素社会』は,この講義内容を取りまとめたものである。内容は,環境劣化・地球温暖化といった基本的な環境変化のメカニズムから始まり,続いて環境経済学や国際環境法といった立場から低炭素社会の実現に向けての制度論を展開し,最後に低炭素社会の実現に向けての新たな技術開発の現状と,近い将来,世界最大の炭酸ガス排出国となるであろう中国の取組について述べたものである。国,地方そして個人それぞれのレベルで低炭素社会の実現を考える指標を与えるものとなっている。
 このように広範な内容を有する『持続可能な低炭素社会』の英訳本は,人類共同の事業として取り組むべき低炭素社会づくりについて,アジア諸国を始めとする世界各国に極めて有益な情報を提供するものとなっている。
 
Preface

Fifty years have passed since humanity first viewed their beautiful planet, called the メwater planet,モ for the first time from space. But our supposedly beautiful Earth suffers deterioration of the global environment owing to human activities such as food shortages due to human population growth, worsening water and air pollution due to rapid industrialization, and an energy crisis brought on by the heavy consumption of fossil fuels and other energy.
Especially the CO 2 generated by the expanding use of fossil fuels impacts heavily on the global environment in the form of global warming, and also hinders the sustainable development of humanity. We developed countries have a big responsibility because of our mass consumption of fossil fuels.
In 2006 Hokkaido University created the Hokkaido University Initiative for Sustainable Development, and since then has aggressively pursued education and research aimed at attaining sustainability for humanity. About the time when the G8 Toyako Summit was held in July 2008 at Lake Toya in Hokkaido, Hokkaido University designated the four weeks surrounding the summit as Sustainability Weeks, during which the university held about 40 events including international symposia and fora on sustainability, and public lectures for the general public. As part of this effort, we instituted a graduate school common course called メSustainable Low-Carbon Societyモ and held dialog-type lectures that also involved the general public. This book brings together the material from those lectures. The lectures started with the basic mechanisms of environmental changes such as environmental deterioration and global warming, proceeded to institutional theory meant for low-carbon societies from the standpoint of environmental economics and international environmental law, then finally discussed the current state and near future of new technology development for achieving a low-carbon society, and the initiatives of China, which will likely become the world’s biggest CO 2 emitter. This provided indicators for considering the realization of a low-carbon society on the levels of countries, localities, and individuals. It is our hope that this book, which was written by Japan’s representative researchers, will not only be read by many, but will also heighten low-carbon society awareness in Japan and hasten the transition.

Hiroshi Saeki, President
Hokkaido University
January 13, 2009

著者プロフィール

吉田 文和(ヨシダ フミカズ)

1950年生まれ
 京都大学大学院経済学研究科博士課程修了 経済学博士(京都大学)
 北海道大学公共政策大学院教授
 著書として『循環型社会』(中公新書,2004),『IT汚染』(岩波新書,2001),『北海道 からみる地球温暖化』(岩波ブックレット,岩波ブックレット,2008,共著)など

池田 元美(イケダ モトヨシ)

1946年生まれ
 東京大学大学院工学系研究科博士課程修了 工学博士(東京大学)
 北海道大学大学院環境科学院教授
 著書して『地球温暖化の科学』(北海道大学出版会,2007,共著)
 Oceanographic Applications of Remote Sensing(Eds. Ikeda,M. and F.Dobson, 1995, CRC Press)など

市川 勝(イチカワ マサル)

東京農業大学総合研究所客員教授・北海道大学名誉教授/理学博士(東京大学)

甲斐沼 美紀子(カイヌマ ミキコ)

国立環境研究所温暖化対策評価研究室室長/工学博士(京都大学)

鈴木 亨(スズキ トオル)

NPO法人 北海道グリーンファンド事務局長

佐伯 浩(サエキ ヒロシ)

北海道大学総長/工学博士(北海道大学)

竹内 敬二(タケウチ ケイジ)

朝日新聞社編集委員/工学修士(京都大学)

張  坤民(チャン クンミン)

清華大学教授・中国人民大学教授

原 登志彦(ハラ トシヒコ)

北海道大学低温科学研究所教授/理学博士(京都大学)

藤井 賢彦(フジイ マサヒコ)

北海道大学大学院環境科学院特任准教授/地球環境科学博士(北海道大学)

堀口 健夫(ホリグチ タケオ)

北海道大学公共政策大学院准教授/東京大学大学院博士過程単位取得

松田 從三(マツダ ジュウゾウ)

ホクレン農業総合研究所顧問・北海道大学名誉教授/農学博士(北海道大学)

山形 与志樹(ヤマガタ ヨシキ)

:国立環境研究所地球環境研究センター主席研究員/学術博士(東京大学)

 山崎 孝治(ヤマザキ コウジ)

北海道大学大学院環境科学院教授/理学博士(東京大学)

山中 康裕(ヤマナカ ヤスヒロ)

北海道大学大学院環境科学院准教授/理学博士(東京大学)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Frontispiece
Preface   Hiroshi Saeki
Authors

Introduction   Fumikazu Yoshida

Chapter 1 The Natural System Mechanism of Global Warming
Yasuhiro Yamanaka, Masahiko Fujii, and Motoyoshi Ikeda

Chapter 2 The Greenhouse Effect, Climate Change, and Impacts on Water Resources
Koji Yamazaki and Motoyoshi Ikeda

Chapter 3 Impacts on Forest Ecosystems in Conjunction with Global Warming, with a Focus on Boreal Forests
Toshihiko Hara

Chapter 4 Combatting Global Warming with Forests and Other CO2 Sinks
Yoshiki Yamagata

Chapter 5 Japan's Cyclical Economy in a Low-Carbon Society
Fumikazu Yoshida

Chapter 6 Global Warming and International Law
Takeo Horiguchi

Chapter 7 Pathways towards a Low-Carbon Society in Japan by 2050
Mikiko Kainuma

Chapter 8 Twenty Years of Global Warming as Seen from International Politics
Keiji Takeuchi

Chapter 9 Addressing Urgent Challenges While Building a Low-Carbon Society: Renewable and New Energy Sources
Motoyoshi Ikeda

Chapter 10 Hokkaido Agriculture and Biomass Energy
Juzo Matsuda

Chapter 11 Hydrogen Energy Use for Low-Carbon Societies
Masaru Ichikawa

Chapter 12 Community Wind Power
Toru Suzuki

Chapter 13 China in a Low-Carbon World: Its Role, Challenges and Strategies
Zhang Kunmin

Afterword   
Index


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。