大学出版部協会

 

 国際競争優位を生み出したもの日本の電子部品産業

日本の電子部品産業 国際競争優位を生み出したもの

A5判 386ページ 上製
定価:5,400円+税
ISBN978-4-8158-0942-3 C3033
奥付の初版発行年月:2019年02月 / 発売日:2019年02月下旬

内容紹介

大手家電メーカーの落日やモジュール化の波に直面してなお、圧倒的な国際競争力を獲得できたのはなぜか。戦後復興期の組立ラジオの隆盛から今日まで、荒波の中で培われた多様な顧客への志向と、部品の汎用性をめぐる戦略の決定的役割を捉え、グローバルサプライヤーへの軌跡を示す。

著者プロフィール

中島 裕喜(ナカジマ ユウキ)

1971年生
1999年 大阪大学大学院経済学研究科博士課程退学
大阪大学助手、東洋大学経営学部准教授等を経て、
現 在 南山大学経営学部准教授、博士(経済学)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 顧客多様化の歴史的起源
1 日本のエレクトロニクス産業を代表する「一般電子部品」
2 産業分析における歴史的パースペクティブ
3 戦後における電子部品産業発展の歴史的前提
4 本書の構成

第Ⅰ部 戦後民主化と電子部品産業の形成

第1章 ラジオ産業の復興
はじめに
1 ラジオ受信機の生産統制
2 生産活動の停滞
3 本格的な生産復興
小 括

第2章 ラジオ部品流通網の形成と展開
 ―大阪・日本橋を中心に―
はじめに
1 日本橋問屋街の概観
2 日本橋問屋街の形成
3 ラジオ部品の地方販売
小 括 家電小売への転換

第3章 ラジオ部品産業の復興
はじめに
1 ラジオ部品をめぐる統制政策
2 ラジオ部品メーカーの動向
3 部品業界における組織的活動
小 括 電子部品産業の形成

第Ⅱ部 専門生産の確立と高度化

第4章 家電セットメーカーによる下請専属化
 ―電子部品の需要構造(1)―
はじめに
1 松下電器の協約工場
2 三洋電機(北條製造所)の協力工場
3 東芝(柳町工場)の認定工場
小 括

第5章 トランジスタラジオ輸出の展開
 ―電子部品の需要構造(2)―
はじめに
1 生産および輸出の概要
2 トランジスタラジオ産業の形成――1950年代後半
3 トランジスタラジオ産業の再編――1960年代前半
小 括

第6章 電子部品の技術革新と「専門生産」の確立
はじめに
1 電子部品の供給構造
2 電子部品の技術革新
小 括

第7章 業界団体による電子部品の規格化
 ―電子部品産業発展の社会的基盤(1)―
はじめに
1 部品標準化問題の発生
2 電子機械工業会の規格化活動
3 CES規格の効果
小 括

第8章 電子部品産業振興と試験研究機関
 ―電子部品産業発展の社会的基盤(2)―
はじめに
1 電子工業振興臨時措置法による電子部品産業の育成
2 関西電子工業振興センターの活動
3 中部電子工業技術センターの活動
小 括

第9章 承認図部品開発と専門生産の高度化
 ―帝国通信工業の事例―
はじめに
1 帝国通信工業の設立経緯と1950年代までの展開
2 1960年代の経営動向
3 特注品開発の承認プロセス
4 生産管理能力の彫琢
小 括

第Ⅲ部 国際競争優位の確立

第10章 電子部品市場の多様化と技術革新
 ―1970-89年―
はじめに
1 概 観
2 石油ショックへの対応
3 電子部品市場の多様化
4 電子部品の「微小化」技術開発
小 括

第11章 グローバルサプライヤーの誕生
 ―1985-2017年―
はじめに
1 ASEAN諸国への展開
2 中国への展開
3 国際競争優位の固守
4 アルプス電気の海外展開
小 括

終 章 国際競争優位の歴史的コンテクスト
1 アイデンティティの共有がもたらした産業の形成
2 戦略的に獲得された電子部品の汎用性
3 専門生産の確立と高度化


参考文献
あとがき
図表一覧
索 引

関連書

沢井 実著『マザーマシンの夢―日本工作機械工業史―』


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。