大学出版部協会

 

〈モータウン〉のデザイン

〈モータウン〉のデザイン

A5判 424ページ 上製
定価:4,800円+税
ISBN978-4-8158-0910-2 C3053
奥付の初版発行年月:2018年05月 / 発売日:2018年05月下旬

内容紹介

クルマと交通システムによって創り出された環境 —— 現代の〈モータウン〉はどのようなカタチをしているのか。自動車工場や住宅から、高速道路や物流ターミナル、レジャーセンターやショッピングモールまで、生産・居住・移動・消費の観点で車社会を捉え直し、環境デザインの可能性を問う力作。


目次

はじめに

第1章 〈モータウン〉の背景
    1 自動車をめぐる近現代の時期区分
    2〈モータウン〉の系譜

第2章 〈生産環境〉のデザイン
    1 地形から見た自動車工場の分類
     (1)〈台地〉の自動車工場
     (2)〈平地(農耕地)〉の自動車工場
     (3)〈水際〉の自動車工場
    2 自動車工場をめぐる史的背景
    3 自動車工場をめぐる都市空間

第3章 〈居住環境〉のデザイン
    1 自動車会社による「量産住宅」
     (1)RCパネルの「量産住宅」
     (2)木造乾式構造の「量産住宅」
     (3)LGSプレファブリケーションの「量産住宅」
    2 自動車と建築の技術移転
    3 自動車が創出した居住環境

第4章 〈移動環境〉のデザイン
    1 自動車による高速移動のための環境
     (1)都市間高速道路の建築
     (2)都市高速道路と建築
    2 駐車のための環境
    3 燃料補給のための環境

第5章 〈消費環境〉のデザイン
    1 自動車販売のための環境
    2 自動車が拓いた消費環境
     (1)自動車が拓いたレジャー
     (2)自動車が拓いたショッピング

第6章 〈モータウン〉の環境デザイン
    1 〈モノ〉と〈場所〉をめぐる両義的環境
    2 〈モノ〉としての自動車の発見
    3 自動車による〈場所〉の発見
    4 自動車による環境デザインの地平

 あとがき
 付 表
 註
 図表一覧
 索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。