大学出版部協会

 

 近世日朝外交史研究絶海の碩学

絶海の碩学 近世日朝外交史研究

A5判 518ページ 上製
定価:6,800円+税
ISBN978-4-8158-0866-2 C3021
奥付の初版発行年月:2017年02月 / 発売日:2017年03月上旬

内容紹介

近世日朝関係のルートは朝鮮通信使にとどまらない。その外交を最前線でささえた京都五山僧の役割と実像を、訳官使の往来、釜山倭館との関係、漂流民送還や詩文絵画・産品のやりとりなど、広い視野でとらえて日朝外政システムの全体像を解明、東アジア国際秩序の理解を大きく書き換える。

著者プロフィール

池内 敏(イケウチ サトシ)

1958年 愛媛県に生まれる
1982年 京都大学文学部卒業
1991年 京都大学大学院文学研究科博士後期課程中退
現 在 名古屋大学大学院文学研究科教授,博士(文学)
著 書 『近世日本と朝鮮漂流民』(臨川書店、1998年)
    『「唐人殺し」の世界』(臨川書店、1999年)
    『大君外交と「武威」』(名古屋大学出版会、2006年)
    『薩摩藩士朝鮮漂流日記』(講談社選書メチエ、2009年)
    『竹島問題とは何か』(名古屋大学出版会、2012年)
    『竹島 もうひとつの日韓関係史』(中公新書、2016年)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 禅僧と 「外交」 の近世
     はじめに
     1 以酊庵輪番制の成立前史
     2 東アジアの国際秩序と近世日本
     3 本書の問題関心と内容・構成

  第Ⅰ部 朝鮮外交機構と以酊庵

第1章 以酊庵と輪番制
     はじめに
     1 以酊庵輪番制に関わる研究史
     2 以酊庵の位置と生活
     おわりに

第2章 以酊庵輪番制考
     はじめに
     1 日朝間の外交文書管掌
     2 幕府の出先機関、監察機関としての以酊庵輪番制
     おわりに

第3章 二つの輪番制 —— 対馬以酊庵と釜山倭館東向寺
     はじめに
     1 対馬藩における外交文書点検・作成能力
     2 東向寺輪番制
     3 以酊庵輪番制と清書役中・東向寺輪番僧
     おわりに

第4章 18世紀の輪番制廃止論議
     はじめに
     1 以酊庵輪番制廃止の主張
     2 議論の推移
     おわりに

  第Ⅱ部 訳官使と朝鮮通信使

第5章 訳官使考
     はじめに
     1 訳官使接待の五つの儀礼
     2 幕府と訳官使
     おわりに

第6章 訳官使の接待空間
     はじめに
     1 訳官使接待の空間構成
     2 能興行
     3 文化易地聘礼における接待空間
     おわりに

第7章 朝鮮通信使と以酊庵輪番僧
     はじめに
     1 朝鮮通信使の日記に見える以酊庵僧
     2 以酊庵僧の特徴的なすがた
     おわりに

第8章 朝鮮通信使延聘交渉と梅荘顕常
     はじめに
     1 江戸聘礼延期論 (延聘論)
     2 延聘を求める書翰
     3 延聘交渉と以酊庵
     おわりに

 付論1 朝鮮 「信使」 と朝鮮 「通信使」

  第Ⅲ部 漂流と漂流記

第9章 東アジア海域の漂流民送還体制
     はじめに
     1 近世における朝鮮人漂流民の送還
     2 近世から近代に至る漂流民送還制度
     3 近世的慣行からの離脱
     おわりに

第10章 江戸時代日本に残された漂流記
     はじめに
     1 漂流の時代と漂流記
     2 近世日本人の朝鮮漂流記
     3 異なる漂流史料の比較対照
     おわりに

第11章 薩摩船の朝鮮漂流記
     はじめに
     1 薩摩武士と朝鮮官僚との交流
     2 武士と民衆
     おわりに —— 文化的な共通性の意識

  第Ⅳ部 モノと言葉

第12章 江戸時代における日本人と朝鮮人の対話
     はじめに
     1 癸未使行録に見える訳官のすがた
     2 倭学訳官の能力
     おわりに

第13章 梅荘顕常と朝鮮
     はじめに
     1 明和通信使との交流
     2 以酊庵輪番僧として
     おわりに

第14章 18世紀対馬における日朝交流 —— 享保19年訳官使の事例
     はじめに
     1 対馬藩側から見た訳官使
     2 金弘祖 『海行記』 から見た訳官使
     3 訳官使に見る日朝交流のすがた
     おわりに

第15章 日朝間の贈物・誂物
     はじめに
     1 朝鮮からの贈物・取寄物
     2 朝鮮への贈物・持出物
     おわりに

 付論2 幕閣の吐露した朝鮮認識と以酊庵僧

終 章 日朝外交史上の江戸時代
     はじめに
     1 以酊庵僧の選抜と 「大君」 号
     2 近世的な国際秩序
     おわりに —— 以酊庵輪番制と対馬藩朝鮮方真文役


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。