大学出版部協会

 

 ヴィクトリア時代の衛生・科学・政治病原菌と国家

病原菌と国家 ヴィクトリア時代の衛生・科学・政治

A5判 488ページ 上製
定価:6,300円+税
ISBN978-4-8158-0826-6 C3022
奥付の初版発行年月:2016年02月 / 発売日:2016年02月中旬

内容紹介

19世紀に相次いで産声を上げた、公衆保健と実験医学。イギリスでは、前者は数々の施策を経て国家医学から帝国医学へと至り、後者は感染症の病因探求の中で進化論を組み込みながら独自の展開を遂げた。本書はそれらの全体像と相互の関係を初めて示し、社会と医学の関係を問い直す。


目次

序 章
     1 問題の所在と本書の視座
     2 国家医学から帝国医学へ —— 19世紀の保健・衛生政策の概観

  第Ⅰ部 テムズ河 —— ロンドンの衛生改善

第1章 変容するロンドンの暮らし
       —— 病原菌説前夜の混沌
     1 人口の急増と食糧問題・衛生問題
     2 農芸化学の誕生と肥料の大量輸入
     3 チャドウィックとファー
     4 テムズ河の汚染 —— ハサルからフランクランドへ
     5 リービヒの発酵および伝染病理論

第2章 屎尿の利用と衛生施策
     1 衛生政策の整備
     2 首都下水道委員会
     3 ヴィクトリア時代を代表する大工事
     4 資産としての屎尿
     5 リービヒを担ぎ出したシティ
     6 感謝状とその後
     7 屎尿灌漑と病原毒素

  第Ⅱ部 漂う微生物の本性を追う

第3章 コンタギオンからジャームへ
     1 産褥熱から病院熱へ
     2 ボーダレス時代
     3 リスターの化膿防止法と発酵研究

第4章 病原菌理論の時代
     1 バードン-サンダーソンと生体解剖反対運動
     2 進化論と病原菌

第5章 ロンドン国際医学大会
     1 世界の名士が一堂に
     2 微生物学の全面展開
     3 真に国際的な会議
     4 公衆衛生から国家医学へ
     5 ロンドン国際医学大会の意義

  第Ⅲ部 スエズ運河 —— 帝国時代の医学

第6章 コレラとスエズ運河
     1 1883年エジプトにおけるコレラ流行の注目点
     2 「コレラとコンマ菌に関するコッホの理論を論駁する」
     3 スエズ運河をめぐる情勢
     4 エジプトにおけるコレラの流行
     5 フランスおよびドイツのコレラ調査団
     6 ドイツとフランスの動静

第7章 病原菌と帝国
     1 イギリスの反撃準備
     2 クラインとギビースのコレラ調査
     3 報告書の提出とローマ国際衛生会議
     4 報告書検討委員会メモ
     5 「論駁」 の国内評価
     6 医学は帝国の道具なり

終 章
     1 団結して闘う医師たち —— 細菌学研究所を民間で
     2 全体を締め括って


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。