大学出版部協会

 

 重い電子系の理解のために磁性と超伝導の物理

磁性と超伝導の物理 重い電子系の理解のために

A5判 並製
定価:5,700円+税
ISBN978-4-8158-0726-9 C3042
奥付の初版発行年月:2013年03月

内容紹介

超伝導状態は磁性不純物で容易に壊されることから、磁性と超伝導は一見相容れないが、ある種の物質では両者が共存し、相関すらしている。本書は、このメカニズムを理解するために、磁性と超伝導を統一的に把握。レアアースをはじめとするf 電子系物質に、実験・理論双方から迫る。


目次

第1章 自由原子・イオン中の電子
  1-1 角運動量と磁気モーメント
  1-2 Hund 則と原子内交換相互作用
  1-3 J 多重項と磁気モーメント
  1-4 自由イオンの磁性

第2章 結晶中の局在電子
  2-1 結晶場効果
  2-2 結晶場と物性
  2-3 局在スピン間の直接交換相互作用
  2-4 局在スピン系の磁気秩序
  2-5 相転移と自発的対称性の破れ
  2-6 臨界現象

第3章 結晶中を遍歴する電子
  3-1 電子の非局在化とバンドの形成
  3-2 相互作用の衣を着た電子
  3-3 重い電子と価数揺動
  3-4 de Haas-van Alphen 効果
  3-5 遍歴電子系における強磁性
  3-6 遍歴電子系における反強磁性
  3-7 磁気秩序の崩壊と量子相転移

第4章 超伝導
  4-1 完全反磁性と Meissner 効果
  4-2 超伝導の基底状態
  4-3 超伝導引力の起源
  4-4 超伝導励起状態
  4-5 臨界磁場
  4-6 超伝導における対称性の破れ
  4-7 異方的超伝導
  4-8 UPd2Al3 と UNi2Al3

第5章 伝導電子が媒介する局在スピン間相互作用
  5-1 cf 相互作用
  5-2 金属中の局在モーメント
  5-3 伝導電子のスピン偏極
  5-4 RKKY 相互作用
  5-5 磁気励起子

第6章 近藤効果
  6-1 近藤-芳田基底状態
  6-2 位相シフトから見た近藤効果 —— 重い電子の起源
  6-3 電気抵抗極小の現象
  6-4 スピンゆらぎの観測
  6-5 近藤効果に対する結晶場効果
  6-6 多チャンネル近藤効果

第7章 Fermi 液体としての重い電子系
  7-1 希薄近藤効果から高濃度近藤効果へ
  7-2 重い電子の起源 —— 直観的説明
  7-3 断熱接続と Fermi 液体
  7-4 Green 関数による準粒子の表現
  7-5 Fermi 液体としての重い電子系
  7-6 門脇-Woods の関係
  7-7 f 2 電子配置での重い電子系

第8章 量子臨界現象
  8-1 量子臨界現象とは?
  8-2 磁気臨界点にともなう量子臨界現象
  8-3 遍歴磁性のモード結合理論
  8-4 単サイト量子臨界現象
  8-5 価数転移にともなう量子臨界現象

第9章 重い電子系超伝導
  9-1 重い電子系超伝導体の概観
  9-2 超伝導状態の記述
  9-3 物理量の低温 (T ≪Tc ) での温度依存性
  9-4 ペア相互作用の起源
  9-5 斥力起源超伝導の系譜
  9-6 臨界価数ゆらぎによる 「高温超伝導」
  9-7 スピン軌道相互作用と超伝導ギャップの構造
  9-8 異方的超伝導状態における不純物散乱の効果

第10章 磁性と超伝導の相関
  10-1 磁気励起から見た遍歴性と局在性
  10-2 磁気モーメントの超伝導に対する影響
  10-3 反強磁性秩序と超伝導の共存・競合
  10-4 遍歴・局在2重性モデル
  10-5 UPd2Al3 における遍歴・局在2重性と超伝導
  10-6 強磁性秩序と超伝導の共存と競合
  10-7 超伝導転移温度

付録A 生成・消滅演算子
  A-1 Fermi 粒子とBose 粒子
  A-2 Cooper 対の生成と消滅
  A-3 計算例

付録B 結晶場と群論
  B-1 結晶場と群論
  B-2 Stevens と等価演算子法
  B-3 時間反転と Kramers2重項

付録C 動的磁化率と中性子散乱
  C-1 一般化磁化率
  C-2 中性子散乱実験

付録D Green 関数と準粒子
  D-1 松原 Green 関数と遅延 Green 関数
  D-2 Green 関数のスペクトル表示

付録E 準粒子の 「スピン」 保存則の破れ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。