大学出版部協会

 

 西欧・ロシア・オスマンとワラキア・モルドヴァ問題三つの世界の狭間で

三つの世界の狭間で 西欧・ロシア・オスマンとワラキア・モルドヴァ問題

A5判
定価:5,600円+税
ISBN978-4-8158-0720-7 C3022
奥付の初版発行年月:2013年02月

内容紹介

世界史の 「見えざる焦点」、そこでは何が起こっていたのか ——。西欧・正教・イスラームの三つの世界が接する境域地帯に視点を定め、近代へと移行していく複雑な 「世界の一体化」 プロセスを、政治外交面から、多言語の一次史料に基づいてつぶさに描き出した、世界的にも稀有な労作。


目次

序 章 西欧・正教・イスラーム世界の狭間で
     1 本書の課題
     2 「世界の一体化」 とワラキアとモルドヴァ
     3 オスマン帝国秩序の中のワラキア・モルドヴァ
     4 研究史
     5 史料について
     6 本書の構成

第1章 18世紀前半までの西欧・正教・イスラーム各世界間の政治的相互関係
       —— オスマン帝国の優位から西欧・ロシア・オスマンの均衡へ
     1 17世紀後半までの西欧世界・正教世界・イスラーム世界
     2 17世紀末-18世紀前半の西欧・ロシア・オスマン関係の変化

第2章 18世紀前半までのワラキア・モルドヴァと周辺世界
       —— オスマン帝国との宗主・付庸関係、西欧・ロシアとのつながり
     1 17世紀後半までの両公国をめぐる国際関係
     2 18世紀ファナリオット時代の両公国と周辺諸国

第3章 キュチュク・カイナルジャ条約
       —— 国際問題としてのワラキア・モルドヴァ問題の出発点
     1 ロシア・オスマン戦争 (1768-74) の開始と両公国の状況
     2 和平への動き
     3 ロシア・オスマン間の和平交渉とキュチュク・カイナルジャ条約

第4章 1774年以後の三世界間の政治的相互関係
       —— ロシアとハプスブルク帝国によるワラキア・モルドヴァ進出の開始
     1 両公国へのロシアの進出とその挫折
     2 ロシア・ハプスブルク帝国の領事館開設問題と1784年の協約
     3 公任免問題とロシア・オスマン戦争 (1787-92)

第5章 共和国フランスのワラキア・モルドヴァ進出
       —— フランスとイギリスの両公国問題への関与の始まり
     1 共和国フランスの両公国進出
     2 1802年勅令とその背景

第6章 ナポレオン戦争期のワラキア・モルドヴァ問題
       —— フランス・ロシア・オスマン帝国の狭間で
     1 ロシア・オスマン戦争 (1806-12) の勃発要因としての両公国問題
     2 戦争中の動きとブカレスト条約

終 章 近代移行期における三世界の中のワラキア・モルドヴァ
       —— その後の展望とまとめ
     1 ウィーン体制下の両公国問題 —— 概観と展望
     2 まとめ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。