大学出版部協会

 

バタイユ 聖なるものから現在へ

バタイユ 聖なるものから現在へ

A5判 520ページ 上製
定価:6,600円+税
ISBN978-4-8158-0713-9 C3010
奥付の初版発行年月:2012年11月

内容紹介

思想家ジョルジュ・バタイユの強烈な思考のうねり —— 「過剰さ」 の行方 —— を、その生涯にわたって辿りつつ、政治・宗教・芸術など複数の領域の交点で、またニーチェやヘーゲルとの対峙の極点に、斬新なバタイユ像を描き出す。多様な書物・思考から浮かび上がる全体性を捉えた思想の伝記。


目次

プロローグ

第1章 物質の魅惑
    1 前 歴
    2 人間を突き動かすもの —— 太陽・肛門・眼球
    3 反イデアリスムと物質 —— 『ドキュマン』 論文

第2章 シュルレアリスムの傍らで
    1 ブルトンとシュルレアリストたち
    2 「老練なもぐら」 あるいは物質への下降
    3 「サドの使用価値」 あるいは異質学
    4 シュルレアリスムを横断して

第3章 恍惚の探求者
    1 供犠と自己毀損
    2 宗教社会学
    3 ロバートソン=スミス 『セム族の宗教』
    4 モース/ユベール 「供犠に関する試論」
    5 フレイザー 『金枝篇』
    6 フロイト 『トーテムとタブー』
    7 ヘーゲル読書以後

第4章 歴史の中へ —— コミュニスムとファシスム
    1 政治的関心
    2 コミュニスムへ —— スヴァーリンと 「民主共産主義サークル」
    3 『社会批評』
    4 ファシスムの勃興とフランス
    5 「ファシスムの心理構造」

第5章 「コントル=アタック」 の冒険
    1 転回点としての 『空の青』
    2 「コントル=アタック」 —— 結成と崩壊
    3 どこでファシスムを覆すか
    4 街頭へ

第6章 聖なるものと共同体
    1 政治から離れて
    2 結社 「アセファル」
    3 「社会学研究会」 —— 選択的共同体を目指して
    4 惹引と反撥
    5 共同体・死・エロティスム
    6 錯誤と価値

第7章 内的体験から好運へ
    1 供犠から瞑想へ
    2 経験の始まり
    3 キリスト教の経験
    4 聖者たち・聖女たち
    5 笑い・エロティックなもの・言説批判
    6 主体の体験から無為へ
    7 好運と陶酔

第8章 エロティスムと物語
    1 バタイユの物語作品
    2 エロティスム
    3 違 反
    4 『死者』
    5 近親姦の禁止
    6 『わが母』
    7 裏切り

第9章 ニーチェ論とその曲がり角
    1 哲学・ニーチェ・ヘーゲル
    2 『ニーチェについて』 という書物
    3 「罪」 と 「頂点」
    4 「衰退」
    5 転 位
    6 全体的人間とその行方

第10章 慎ましくも破壊的なヘーゲル
    1 最初のヘーゲル
    2 コジェーヴ的ヘーゲル
    3 死の理論と供犠の経験
    4 悲しみ・喜び・横滑り
    5 死の意識・「主」 と 「僕」・労働
    6 異和の表明
    7 用途のない否定性・賢者の不充足・歴史の未完了・非=知
    8 再び経済学の視座から・平準化
    9 悟性と労働の今日

第11章 一般経済学
    1 戦後のバタイユ
    2 過剰さあるいは富
    3 異質なものから非生産的な消費へ
    4 アステカ、イスラーム、チベット、そして西欧
    5 近代社会
    6 過剰さはどこへ行くか
    7 人間の不能化 —— ヒロシマとアウシュヴィッツ

第12章 至高なものの変貌
    1 聖なるものの行方
    2 『至高性』 という書物
    3 至高性の生成
    4 なぜコミュニスムが問題にされるのか
    5 至高性の無力化および潜在化
    6 悟性から芸術へ、古代的至高性から芸術の至高性へ
    7 ニーチェ、道化にして芸術家

第13章 芸術へ
    1 ラスコーからジル・ド=レまで、聖なる芸術
    2 マネ、近代の画家
    3 エロティスムの変容
    4 詩、イマージュ、そして小説へ
    5 『文学と悪』
    6 カフカ、もっとも狡い作家
    7 現実でも虚構でもなく

エピローグ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。