大学出版部協会

 

死にたる民を呼び覚ませ 下巻

中央大学人文科学研究所翻訳叢書16
死にたる民を呼び覚ませ 下巻

A5判 上製
定価:5,600円+税
ISBN978-4-8057-5415-3 C3398
奥付の初版発行年月:2016年03月 / 発売日:2016年03月下旬

内容紹介

19世紀初頭から20世紀初頭にかけてのアメリカ文学は、奴隷制および人種差別と切り離して語ることはできない。いや、「人種」こそ、アメリカ文学史の原動力だ。こう論じて、アメリカ文学における黒人文化の役割を解析した画期的な研究書。上巻で論じたナット・ターナー、フレデリック・ダグラス、ハーマン・メルヴィル、マーク・トウェインらに続いて、下巻では、チャールズ・チェスナットとW・E・B・デュボイスを中心に、政治、宗教、民話、音楽、民族舞踊にまでおよんで、叛乱と抵抗の言語を操縦したアフリカ系アメリカ文学・文化の存在感を力説する。


目次

〈主要目次〉
第二部 カラー・ライン
第四章 チャールズ・チェスナットのケークウォークス
ケークウォークの起源
ことばの影法師と交互に変化する音―民話、方言、そして黒人(ヴァナ)日常(キュ)言語(ラー)
アンクル・リーマス、アンクル・ジュリアス、そして《ニュー・ニグロ》
「あの懐かしき時代」、奴隷文化、そしてアフリカ《おしゃべり骸骨》―呪術と物語術
白い喪服―カラー・ラインの病理学サンドミンゴとその愛国者たち
 融合(フュージョン)―「伝統の真髄」
 ひとりの偉大なる黒人と人形


第三部 W・E・B・デュボイス
―アフリカ系のアメリカと文化の王国
第五章 スィング・ロー―「黒人のたましい」
文化の王国で
「この素晴らしき隷従の音楽」
きらめく輝き―音楽とテクスト
黒き、名も知れぬ吟唱詩人たち―「哀しみ(ソロー・)の(ソン) 歌(グス)」論
第六章 アフリカの呪縛
カラー・ラインは世界を取り巻く
「エチオピアにその手を神のもとに差し延べよ」 ―《汎アフリカ主義》に向かって
アフリカ―隠れた自己と民族主義の野外劇(ページェント)
黒人女性の重荷
≪黒いキリスト≫と預言者たち


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。