大学出版部協会

 

 『浜松中納言物語』を最終巻から読み解く御津の浜松一言抄

御津の浜松一言抄 『浜松中納言物語』を最終巻から読み解く

A5判 上製
定価:3,600円+税
ISBN978-4-7985-0150-5 C3395
奥付の初版発行年月:2015年03月 / 発売日:2015年03月上旬

内容紹介

『浜松中納言物語』はかつて平安後期物語の三大傑作に数えられながら、近世以前に首尾を逸亡させた。昭和初期に最終巻が発見され研究は進んだものの、依然解釈の定まらない箇所も多く、それは作品理解にも影響を及ぼしていた。本書は、文献学的方法に基づく最終巻の本文読解により、先行注釈書が犯した誤読を鮮やかに解決し、平易かつ明解な筆致で、従来の全体像理解に大きな変更を迫る。――翻字された文字列をどう読むかで作品の姿は一変してしまう。その怖さと裏腹の、古典であるがゆえに味わえる読解の楽しみに誘う一書。あらすじと人物相関図も収録。

出版部から一言

王朝物語の隠れた傑作を読み解く愉楽!

著者プロフィール

辛島 正雄(カラシマ マサオ)

辛島正雄(からしま・まさお)
1955年生まれ。山口県下関市出身。九州大学大学院文学研究科博士後期課程中退。九州大学文学部助手,徳島大学教養部講師,九州大学教養部助教授などを経て,現在,九州大学大学院人文科学研究院教授。博士(文学)。著書に『中世王朝物語史論』(2冊,2001年,笠間書院),『中世王朝物語全集9 小夜衣』(1997年,笠間書院),共著に『新日本古典文学大系26 堤中納言物語・とりかへばや物語』(1992年,岩波書店)ほかがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

主要目次

序 言
第一章 「むねいたきおもひ」考 ――最終巻読解のためのキーワードを見定める――
第二章 「むねいたきおもひ」の果て ――キーワードから最終巻を読み解く――
第三章 交錯する「むねいたきおもひ」――最終巻のキーワードから全編を読み解く――
第四章 歌ことば「とこの浦」「にほの海」をめぐって ――首尾照応することばと「妹背」の物語――
第五章 「おほよと」考 ――巻一本文の再検討――
第六章 「さかしげに、思惟仏道とぞあるかし」考・ほか四題――中納言の人物像理解の一助として――
第七章 「けぶりのさがのうれはしさ」追考 ――最終巻解釈の再検討――
第八章 「人かた」「人こと」「ひとも」考 ――最終巻本文の再検討(一)――
第九章 「玉しゐのうちに心をまどはすべかりける契り」考 ――最終巻本文の再検討(二)――
補 説 最終巻校訂・解釈雑記
付 録 大摑み『御津の浜松』


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。