大学出版部協会

 

 イーマーンとイスラームの意味論的分析イスラーム神学における信の構造

イスラーム神学における信の構造 イーマーンとイスラームの意味論的分析

A5判 440ページ 上製
定価:5,800円+税
ISBN978-4-7664-2458-4 C3310
奥付の初版発行年月:2018年02月 / 発売日:2018年02月中旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

▼1000年にわたるイスラーム神学論争! 『井筒俊彦英文著作翻訳コレクション』第四弾。

イスラーム思想史・神学史を考える上で最も興味深い7世紀末から18世紀にいたるまで、個人的・実存的な「信じること」や「信仰」のあり方が、いかに理性のフィルターを通し、概念化されていったのかを辿る。ときに学派間に烈しい議論をまきおこしながら、精緻な理論へ練り上げられていった、1000年にわたる壮大な神学論争を、意味論的手法を用いて鮮やかに分析、生き生きと描出する。

著者プロフィール

井筒 俊彦(イヅツ トシヒコ)

1914年、東京都生まれ。1949年、慶應義塾大学文学部で講義「言語学概論」を開始、他にもギリシャ語、ギリシャ哲学、ロシア文学などの授業を担当した。『アラビア思想史』『神秘哲学』や『コーラン』の翻訳、英文処女著作Language and Magic などを発表。
 1959年から海外に拠点を移し英文で研究書の執筆に専念し、God and Man in the Koran, The Concept of Belief in Islamic Theology, Sufism and Taoism などを刊行。
 1979年、日本に帰国してからは『イスラーム文化』『意識と本質』などの代表作を発表。93年、死去。『井筒俊彦全集』(全12巻、別巻1、2013年-2016年)。

鎌田 繁(カマダ シゲル)

東京大学名誉教授、日本オリエント学会前会長。イスラーム神秘思想・シーア派研究。

仁子 寿晴(ニゴ トシハル)

同志社大学非常勤講師。イスラーム哲学・中国イスラーム思想。

橋爪 烈(ハシズメ レツ)

千葉科学大学薬学部薬学科講師、カリフ制度史・イスラーム政治思想史研究。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 序

第一章 不信心者カーフィル(kāfir)
 一 ハワーリジュ派とカーフィルの問題の起源
 二 ハワーリジュ派のクフル概念
 三 ハワーリジュ派思想の基本構造

第二章 タクフィール(takfīr)の概念
 一 恣意的なタクフィール行使の危険性
 二 ガザーリーによるタクフィール理論

第三章 重罪人ファースィク(fāsiq)
 一 重罪カビーラ(kabīrah)の概念
 二 重罪人ムルタキブ・カビーラ(murtakib al-kabīrah)

第四章 イーマーン(īmān)とイスラーム(islām)
 一 イーマーンとイスラームの連関
 二 イーマーンはイスラームと同一か

第五章 信という概念の本質的構造
 一 ムルジア派とイーマーンの問題
 二 イーマーンの本質的構造

第六章 信と知
 一 イーマーンの定義における「知」の優越性
 二 理性と啓示
 三 他人の権威による信イーマーン・ビ・タクリード(īmān bi-al-taqlīd)
 四 イーマーンのあり処

第七章 是認としての信
 一 知と是認
 二 アシュアリーのイーマーン論

第八章 信ずることと言葉で告白すること
 一 タスディークとイクラールのどちらが重要か
 二 カッラーム派によるイーマーン論

第九章 信と行
 一 ムウタズィラ派とムルジア派
 二 イブン・タイミーヤのイーマーン論
 三 イーマーンの増減

第十章 私は信ずる者だ。もし神が望み給うならば。

第十一章 イーマーンの創造
 一 起源
 二 アシュアリー派の立場
 三 マートゥリーディー派の立場
 四 クフルの創造

結 論
 ❊
附録 アブー・アブドゥッラー・ブハーリー「信の書」(『正伝ハディース集』より)
 ❊

解 説
監訳者あとがき
参考文献
索 引……事項索引/アラビア語用語索引
     人名・著作名索引/クルアーン引用索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。