大学出版部協会

 

 田代の土方巽鎌鼬

鎌鼬 田代の土方巽

B5横 64ページ 上製
定価:2,700円+税
ISBN978-4-7664-2387-7 C0072
奥付の初版発行年月:2016年11月 / 発売日:2016年11月上旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

道化となり交わり、狂者となり駆け回る!―― よみがえる土方巽

 写真家・細江英公が、舞踏家・土方巽を撮影した『鎌鼬』は、1969年に現代思潮社より刊行され、芸術選奨文部大臣賞を受賞。その後も、2005年に復刻版・2009年に普及版(どちらも青幻舎)が刊行されるなど、現在では、世界の写真史に記される高い評価を受けている。
 本写真集は、秋田県田代の鎌鼬美術館の編集により再構成した「田代バージョン」である。写真17葉を収め、さらに東京、筑波の写真も掲載し、瀧口修造の序文、横尾忠則のポスター、そして解説を付した。

 「田代の里=鎌鼬の里」として、貴重な写真と、舞踏家の存在と、里の風景を後世に伝え残していくべく、2016年10月に満を持して開館する「鎌鼬美術館」。その開館に合わせ刊行する本写真集によって、土方巽はどのように変遷していくのか? 日本の「舞踏」・世界の「Butoh」が、強烈な存在感をもって顕現する1冊。

著者プロフィール

細江 英公(ホソエ エイコウ)

写真家。1933年山形県米沢市に生まれ、東京で育つ。代表作に『おとこと女』(1961年)、『薔薇刑』(1963年)、『鎌鼬』(1969年)他多数。近作に、舞踏家・笠井叡を撮影した写真集『透明迷宮』(2016年)がある。2003年、英国王立写真協会より創立150周年記念特別勲章を受章。2007年、写真界のアカデミー賞といわれるルーシー・アワード(米)のビジョナリー賞を日本人で初めて受賞。2010年文化功労者に選出。東京工芸大学名誉教授、清里フォトアートミュージアム館長。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

土方巽は鎌鼬の里で今も生きている  細江英公

鎌鼬 ―― 田代の土方巽

鎌鼬、真空の巣へ  瀧口修造

KAMAITACHI: TOWARD A VACUUM'S NEST Shuzo Takiguchi

細江英公『鎌鼬』の作品世界  飯沢耕太郎

「土方巽と日本人」ポスター  横尾忠則

田代 ―― 稲架田の里の美術館

田代の地図  「七曲道路開通式祝賀会」写真

『鎌鼬』より(東京、筑波)

土方巽と細江英公 ―― 舞踏家と写真家の二重螺旋

略歴

里の記憶と美術館 ―― 『鎌鼬 田代の土方巽』の刊行にあたって
鎌鼬美術館


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。