大学出版部協会

 

幕藩制転換期の経済思想

幕藩制転換期の経済思想

A5判 314ページ 上製
定価:5,000円+税
ISBN978-4-7664-2332-7 C3033
奥付の初版発行年月:2016年04月 / 発売日:2016年04月上旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

▼19世紀への変わり目、天明から文化に至る40年間、社会は静かに大きく変わろうとしていた。その時代の経済思想をさまざまな視点から描き出し、近代へ向けての一歩を問う。

 1800年前後、天明から文化へ至る40年間は、文化が爛熟に向かい、社会や経済が深い所で静かに大きく変わった。本書は、その時代の経済思想に焦点をしぼり、さまざまな角度から光をあてる。
 商家出身の儒者頼春水、市井の経世論者海保青陵や本多利明、商人にして測量家の伊能忠敬、両替商鴻池の経営者草間直方など、すでに知られた人々の思想ばかりでなく、芸能興行をめぐる官民の経済意識、勘定奉行など幕府幹部の経済観、穀物備蓄をめぐるセーフティーネットの思想にも目を向けた。
 それらが織りなすものとして、本書は近代へ向けての歴史の一歩を描き出す。

著者プロフィール

小室 正紀(コムロ マサミチ)

慶應義塾大学名誉教授。
1973年慶應義塾大学経済学部卒業、1978年同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。博士(経済学)。
主な編著書に『草莽の経済思想』(御茶の水書房、1999)、『日本の経済思想四百年』(共著、日本経済評論社、1990)、『福沢諭吉書簡集』(全9巻、共編、岩波書店、2001~2003)、『福沢諭吉著作集』第6巻(編著、慶應義塾大学出版会、2003)、『福沢諭吉の手紙』(共編、岩波文庫、2004)、『慶應義塾史事典』(慶應義塾、2008)・『福沢諭吉事典』(慶應義塾、2010)各編集委員、『近代日本と経済学』(共編著、慶應義塾大学出版会、2015)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

(※〔 〕内は、担当章。)
【編著者】
小室正紀(こむろ まさみち)〔序、第4章、あとがき〕
慶應義塾大学名誉教授。
1973年慶應義塾大学経済学部卒業、1978年同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。博士(経済学)。

【執筆者】
ベティーナ・グラムリヒ=オカ(Bettina Gramlich-Oka)上智大学国際教養学部准教授〔第1章〕
塩川隆文(しおかわ たかふみ)金沢市立玉川図書館職員〔第2章〕
田口英明(たぐち ひであき)慶應義塾福沢研究センター調査員〔第3章〕
青栁淳子(あおやぎ じゅんこ)大東文化大学経済学部非常勤講師〔第5章〕
落合 功(おちあい こう)青山学院大学経済学部教授〔第6章〕
宮田 純(みやた じゅん)関東学院大学経済学部非常勤講師〔第7章〕
髙橋 周(たかはし ちかし)東京海洋大学海洋科学部准教授〔第8章〕
山本嘉孝(やまもと よしたか)大阪大学大学院文学研究科講師〔第1章訳〕

目次

 序 本書の視点と各章の位置づけ   小室正紀

第1章 「道を知る」こと ―― 学問の転換期と頼春水
ベティーナ・グラムリヒ=オカ(山本嘉孝訳)
  はじめに ―― 学問の転換期
 1 父親による投資
 2 人名録を携えて
 3 ネットワークへの参加とその費用
 4 ネットワークのさらなる拡大
 5 学問の活用
 6 帰郷への思い
 7 ネットワークの構築者として
  おわりに

第2章 近世高砂社の芸能興行と賑わい   塩川隆文
  はじめに
 1 興行の推移
 (1)明和九年の祭礼芝居
 (2)寛政八年の尉姥神像遷座と芸能興行
 (3)寛政期以降の芸能興行
 2 興行の種類・担い手・出願理由
 (1)興行の種類
 (2)興行の担い手
 (3)興行の出願理由
 3 興行の出願過程
 4 不許可・中止になった興行
 5 高砂に常芝居はあったか
  おわりに

第3章 伊能忠敬の経営観と家 ―― 文化期の書簡から   田口英明
  はじめに
 1 伊能忠敬の略歴と佐原本家の動向
 (1)伊能忠敬の略歴およびその家族
 (2)佐原本家の経営動向
 2 文化期佐原本家の経営基本方針
 (1)貸金の停止
 (2)酒造業の休止
 (3)「帳合」の重要性
 3 利得・価格・費用に対する姿勢
 4 「手強家内取締の世話人」 ―― 能力者の採用
  おわりに

第4章 大坂両替商草間直方の貨幣史
―― 『三貨図彙』の著作意図をめぐって   小室正紀
  はじめに
 1 草間直方と『三貨図彙』
 (1)経歴
 (2)『三貨図彙』の概要
 2 主意書、凡例に見られる著作の意図と姿勢
 3 「銭之部」の主要論点と視角
 (1)皇朝十二銭をめぐる問題
 (2)中世から寛永通宝体制の成立へ
 4 「金之部」「銀之部」の主要論点と視角
 (1)江戸時代金銀貨制度成立の意義
 (2)元禄宝永改鋳批判
 (3)正徳享保改鋳批判
 (4)元文改鋳への賞賛
  おわりに

第5章 海保青陵の富国策 ―― 経世済民から経営へ   青栁淳子
  はじめに
 1 海保青陵が捉えていた経済社会と「治国」の目的
 2 資金調達方法と「元手」の重要性
 3 「国ノ富」と「興利」策
 4 「諸藩」への提言、生産力の増強と「産物マワシ」
  おわりに

第6章 社倉法にみる経済思想
―― 近世後期の広島藩における社倉法理念   落合 功
  はじめに
 1 広島藩の社倉法の実施と展開
 2 広島藩社倉法実施の思想史的背景
 3 『社倉攷意』に見る近世後期の社倉法理念
  おわりに

第7章 本多利明の蝦夷地開発政策論 ―― 天明~寛政期を中心として
宮田 純
  はじめに
 1 蝦夷地を主題とした実績の編年的整理と分析方法
 2 Ⅰ期の実績について ―― ①『大日本国の属嶋北蝦夷の風土艸
   稿』、②『別本赤蝦夷風説考』、③『赤蝦夷風説考』
 3 Ⅱ期の実績について ―― ④『蝦夷拾遺』、⑤『蝦夷国風俗人情之
   沙汰』の「序文」、⑥『蝦夷土地開発愚存の大概』、⑦『利明上
   書』
 4 Ⅲ期の実績について ―― ⑧『蝦夷乃道知辺』
  おわりに

第8章 蝦夷地政策論に見る日本経済観
―― 享和元年の三奉行による建議を中心に   髙橋 周
  はじめに
 1 享和元年の蝦夷地
 2 『三奉行建議書』と柳生久通
 (1)『三奉行建議書』
 (2)勘定奉行柳生久通
 3 海外貿易をめぐる議論
 (1)柳生の建議
 (2)他の奉行の見解
 4 蝦夷地開発をめぐる議論
 (1)柳生の建議
 (2)他の奉行の見解
  おわりに

  あとがき
  索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。