大学出版部協会

 

 共生社会にむけた防災教育を東日本大震災と特別支援教育

東日本大震災と特別支援教育 共生社会にむけた防災教育を

田中 真理:編著, 川住 隆一:編著, 菅井 裕行:編著
A5判 240ページ 並製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-7664-2323-5 C0036
奥付の初版発行年月:2016年04月 / 発売日:2016年04月上旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

災害が「障害を襲う」ということ
自閉症などの発達障害や、重度・重複障害の子どもたちと保護者の被災体験は、特別支援教育や防災対策に大きな課題を露呈している。
障害特性の理解・啓発、地域連携型の学校づくりをどう展開していくか。
東日本大震災の被災体験から、インクルーシブな防災教育を提言する。

障害に対する理解がなかなか得られにくい時、家族は大変深刻な「災害弱者」になることを、私は実体験を通して痛感した。(第5章より)

災害は全ての人に平等にふりかかるわけではない。障害児・者にとっては、より強く、より長く、そしてより深刻に襲いかかってくる。
命の危険や社会的不利益が少しでも減少するような社会構築のための取り組みをしなくてはならない。震災体験が浮き彫りにしたインクルーシブ社会の重要性、これは特別支援教育がめざすものである。(序章より)

著者プロフィール

田中 真理(タナカ マリ)

九州大学教授。博士(教育心理学)。専門は発達臨床心理学。
九州大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学。静岡大学大学院人文社会科学研究科助教授、東北大学大学院教育学研究科教授などを経て現職。
著書に『東日本大震災と社会教育』(共著、国土社、2012年)、『思春期・青年期の発達障害者が「自分らしく生きる」ための支援』(共編著、金子書房、2013年)など。

川住 隆一(カワスミ リュウイチ)

東北大学大学院教育学研究科教授。博士(教育学)。専門は発達障害学。
東北大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学。国立特殊教育総合研究所(現国立特別支援教育総合研究所)重複障害教育研究部主任研究官、文部省在外研究員(ノルウェー特殊教育研究所、バーミンガム大学学校教育学部)、国立特殊教育総合研究所重複障害教育研究部第三研究室室長などを経て現職。(2016年4月より東北福祉大学教育学部教授)
著書に『生命活動が脆弱な重度・重複障害児への教育的対応に関する実践的研究』(風間書房、1999年)、『東北大学教育ネットワークによる障害児教育の相談室』(共著、ミネルヴァ書房、2000年)、『発達障害医学の進歩 No.19』(共著、診断と治療社、2007年)など。

菅井 裕行(スガイ ヒロユキ)

宮城教育大学教育学部教授。博士(教育学)。専門は教育心理学・特別支援教育・コミュニティ心理学。
東北大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。宮城県立養護学校・盲学校教諭、国立特殊教育総合研究所(現国立特別支援教育総合研究所)重複障害教育研究部主任研究官、教育相談センター主任研究官、文部省在外研究員(ロンドン大学教育研究所、ボストンカレッジ)などを経て現職。
著書に『東北大学教育ネットワークによる障害児教育の相談室』(共著、ミネルヴァ書房、2000年)、『重症児者の防災ハンドブック』(共著、クリエイツかもがわ、2012年)、『はじめての特別支援教育』(共著、有斐閣、2014年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

(※〔 〕内は、担当章。)
【編著者】
田中真理(たなか まり)〔序章、座談会〕 
九州大学教授。博士(教育心理学)。専門は発達臨床心理学。

川住隆一(かわすみ りゅういち)〔第1章第2節、座談会〕 
東北大学大学院教育学研究科教授。博士(教育学)。専門は発達障害学。

菅井裕行(すがい ひろゆき)〔第2章、座談会〕 
宮城教育大学教育学部教授。博士(教育学)。専門は教育心理学・特別支援教育・コミュニティ心理学。

【執筆者】
梅田真理(うめだ まり)〔第3章〕 
国立特別支援教育総合研究所総括研究員(2016年4月より宮城学院女子大学教授)
片岡明恵(かたおか あきえ)〔第5章〕 
宮城県教育庁特別支援教育室主幹
菊地秀敏(きくち ひでとし)〔第1章第1節〕 
仙台市片平市民センター・片平児童館館長
熊本葉一(くまもと よういち)〔第9章、座談会〕 
NPO法人いわて発達障害サポートセンターえぇ町つくり隊代表、二戸市立福岡小学校教諭
櫻田 博(さくらだ ひろし)〔第6章、座談会〕
前宮城県立拓桃支援学校校長
佐藤 智(さとう さとし)〔第7章第2節〕 
福島県立郡山養護学校教諭
佐藤 登(さとう のぼる) 〔第7章第1節〕 
福島県立会津養護学校教頭
中村雅彦(なかむら まさひこ)〔第8章〕 
福島県点字図書館長
野澤令照(のざわ よしてる)〔座談会〕 
宮城教育大学教育復興支援センター副センター長
安田まき子(やすだ まきこ)〔第4章〕 
仙台市立鶴谷特別支援学校校長

目次

はじめに

序 章 震災によって浮き彫りになった4つの脆弱性   田中真理
  1 「障害」による被災の格差と特別支援教育
  2 震災によって浮き彫りとなった脆弱性とは
  3 特別支援教育理念は震災対応にどう活かされたか

 第一部 震災が「特別支援教育」に問うたもの

第1章 震災によって顕わになった特別支援教育の課題
 第1節 避難所運営における特別支援学級児童への配慮   菊地秀敏
  1 高砂小学校特別支援学級と高砂小学校の避難所運営について
  2 衛生面への配慮
 第2節 重い障害をもつ子どもの保護者の調査と手記から
 川住隆一
  1 保護者への聞き取り調査の実施
  2 聞き取り調査結果の概要
  3 保護者から寄せられた手記(事例1~5)
  4 保護者の声を受けて

第2章 重度・重複障害児・者の被災と、防災への提言   菅井裕行
  1 重複障害児・者が直面した生命危機
  2 子どもたちにみられた変化
  3 震災発生時の特別支援教育教師と子ども
  4 避難所となった学校への大学生の支援
  5 学校再開とその後の子どもたち
  6 被災者であり支援者であった教職員の状態
  7 提言:重複障害児・者の防災

第3章 震災が子どもたちに及ぼした心理的影響   梅田真理
  1 災害が子どもたちに及ぼした影響について
  2 「時間」の経過に伴って
  3 「失ったもの」との別れ
  4 子どもたちに対するストレスマネジメント

第4章 環境整備と防災教育への提言   安田まき子
  1 調査について
  2 調査からみえてきた状況と課題
  3 緊急時の支援として参考となる事例
  4 新たな防災教育の取組み事例
  5 まとめ

 第二部 震災が「障害」を襲ったとき
 障害のある子どもたちと家族や教師が直面したこと

第5章 避難所運営を通してみえた学校の役割
―― 特別支援学校教師の立場から   片岡明恵
  1 重度・重複障害 狩野悟君の「生きたい」と思い続けた命
  ―― 医療器具が使えず命をおとす
  2 学校の避難所運営を通してみえたこと
  3 「災害弱者」は誰だったのか
  4 震災後にみられた子どもたちの特徴的な姿(障害種別)
  5 特別支援学校教職員に求められること
  6 震災をきっかけに変わった保護者の考え
  7 特別支援学校をどう位置づけるのか

第6章 震災に学ぶ今後の危機管理支援
―― 特別支援学校の校長の立場から   櫻田 博
  1 石巻支援学校の対応
  2 石巻支援学校の課題
  3 今後の危機管理の視点

第7章 特別支援教育は避難生活の「公平性」とどう向き合ったか
 第1節 福島県災害対策本部の業務経験から    佐藤 登
  1 県災害対策本部業務からみえた現状と課題
  2 障害のある児童生徒の避難の現状と課題
  ―― 保護者アンケートからみえたもの
  3 災害発生時の特別支援学校の地域での役割
 第2節 避難所となった特別支援学校の経験から   佐藤 智
  1 避難所における公平性について
  2 避難所開設と運営
  3 避難所支援における公平性、特性への配慮
  4 学校再開にむけた支援体制の変化と自治組織への移行

第8章 特別支援教育教師が体験した不均衡なリスク
―― 福島の障害者の震災被災と避難の調査から   中村雅彦
  1 地震発生時の教師の対応
  2 自助・共助・公助を生み出すための教育をどのように発信したの
    か
  3 障害者の死亡率から読み取るものとは

第9章 震災を通して「双方向の支援」を考える   熊本葉一
  1 ふたつの事例からみえてきたもの
  ―― 被災した自閉症児・者の報告から
  2 支援とは何か――支援する側とされる側の関係
  3 これからの特別支援教育が担うもの
  ―― インクルーシブ教育は共生の教育でなくてはならない

座談会 「障害」から問う3つの課題
―― 共生社会、防災教育、教育復興ニーズ
櫻田 博・野澤令照・熊本葉一・田中真理・菅井裕行・川住隆一

 おわりに
 執筆者紹介


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。