大学出版部協会

 

Holocene Geomorphic Development of Coastal Ridges in Japan

Holocene Geomorphic Development of Coastal Ridges in Japan

B5変 184ページ 上製
定価:4,800円+税
ISBN978-4-7664-2215-3 C3044
奥付の初版発行年月:2015年03月 / 発売日:2015年03月中旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

▼日本の地殻変動と砂州形成の特有性。

著者は、日本の砂州地形の調査を継続しておこない、砂州地形の発達を規定する要因として、地球規模の気候および海面変化に加えて、日本特有の地殻変動が影響していることを明らかにした世界でも数少ない研究者の一人。その著者が、海面上昇期における環境を復元する方法として、それまで用いられてこなかった化石分析を取り入れ、完新世を通しての約1万年間における砂州地形発達史を、本書で明らかにした。この研究成果は、自然地理学ばかりでなく,地質学・地震学・考古学・海岸工学など他分野の研究にも貢献することが期待される。また、国内外の需要に幅広く応えるため、欧文書として刊行する。

Coastal ridge landforms are mostly distributed in the lowlands along the Japanese coast and are important landforms for human settlement during the Holocene. This book presents the geomorphological development of coastal ridges during the Holocene in Japan. In addition, it offers a discussion of the influence of sea level changes and tectonic movements on coastal ridge formation. The relationship between coastal ridge development and human activities is also identified.

著者プロフィール

松原 彰子(マツバラ アキコ)

慶應義塾大学経済学部教授。理学博士。1987年東京大学大学院理学系研究科地理学博士課程修了。
専門は、自然地理学、第四紀学。1990年、日本地理学会研究奨励賞受賞。
主な著書・翻訳に、『自然地理学』(単著、初版2006年、第3版2011年、当社)、『人文地理学 ―― その主題と課題』(共著、2005年、慶應義塾大学出版会)、『日本の地形5 中部』(分担執筆、2006年、東京大学出版会)、『ジオ・メディアの系譜 ―― 進化する地表象の世界』(共著、2010年、慶應義塾大学出版会)、『図説 世界の地理 第8巻 フランス』(共訳、2003年、朝倉書店)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

Akiko Matsubara
Professor, Department of Geography, Faculty of Economics, Keio University, Japan

目次

Preface

Introduction

Chapter 1 Study Area and Methods of Determining Ridge Development
 1.1. Classification and Distribution of Coastal Ridges in Japan
 1.2. Reconstruction of Palaeoenvironmental Changes in Coastal
    Ridges using Fossil Foraminiferal Assemblages

Chapter 2 Geomorphic Development of Coastal Ridges in Japan
 2.1. Barrier-Lagoon Complexes
  2.1.1. Lake Hamana and Hamamatsu Lowland
  2.1.2. Amanohashidate
 2.2. Sand and Gravel Ridge-Backmarsh Complexes
  2.2.1. Kano River and Ukishimagahara Lowlands
  2.2.2. Tokoro Lowland
  2.2.3. Kuninaka Lowland
  2.2.4. Sendai Lowland
 2.3. Beach Ridge Plains
  2.3.1. Shimizu Lowland
  2.3.2. Tateyama Lowland
  2.3.3. Kujukurihama Lowland
 2.4. Valley Plains
  2.4.1. Matsuzaki Lowland
  2.4.2.  Haibara Lowland
 2.5. Delta-Beach Ridge Complexes
  2.5.1. Sagami River Lowland
  2.5.2. Obitsu River Lowland

Chapter 3 Relationship between the Geomorphic
Development of Coastal Ridges and Human Activities
 3.1. Distribution of Archaeological Sites on Coastal Ridges
  3.1.1. Lake Hamana and Hamamatsu Lowland
  3.1.2. Kano River and Ukishimagahara Lowlands
  3.1.3. Shimizu Lowland
  3.1.4. Haibara Lowland
  3.1.5. Other Areas : Tateyama, Kujukurihama and Obitsu
      River Lowlands
 3.2. Distribution of Coastal Ridges and Human Activities in
    Tokyo
  3.2.1. Geomorphic Development of the Kanto Plain
  3.2.2. Landforms of Central Areas in Tokyo
  3.2.3. Distribution of Archaeological Sites in the Centre of
      Tokyo
 3.3. Beach Erosion in Coastal Ridges
  3.3.1. Inner Part of Suruga Bay: the Numazu-Fuji Coast
  3.3.2. Miho Spit
  3.3.3. Amanohashidate
 3.4. Influence of Tsunamis on Coastal Ridges : Case of the
    2011 Tohoku Earthquake

Chapter 4 Geomorphic Development of Coastal Ridges during the Holocene
 4.1. Common and Different Processes of Coastal Ridge
    Development
  4.1.1. Common Processes in Relation to Relative Sea Level
      Change
  4.1.2. Factors Controlling Different Processes of Ridge
      Development 1: Tectonic Movements
  4.1.3. Factors Controlling Different Processes of Ridge
      Development 2: Basal Landforms and Sediment Supply
 4.2. Human Settlement on Coastal Ridges during the Holocene

References
Index


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。