大学出版部協会

 

ヨーロッパの中世

ヨーロッパの中世

A5判 448ページ 並製
定価:2,700円+税
ISBN978-4-7664-2206-1 C3022
奥付の初版発行年月:2015年05月 / 発売日:2015年05月上旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

近現代に結実する、豊穣なる中世

―― 中世とは真に暗黒の時代だったのか。
「ローマ」「キリスト教」「世俗権」「都市」「国民」「科学」など、ヨーロッパの基底となるキーワードから読み解く。

▼ヨーロッパ史を学び直したい人のために。

中世ヨーロッパは確かに暗黒の時代であった。しかし、近代において飛躍するヨーロッパを育んだ豊かな苗床の時代であったともいえる。
「ローマ」「キリスト教」「世俗権(王権・帝権)「都市」「国民」「科学」などのキーワードから中世ヨーロッパ史を読み解き、近代の「人間」の時代へと誘う。

▼中世を読み解くための6つのキーワード

【ローマ】中世人は模範として仰ぎ見た。政治的にも文化的にも深い刻印を残したが、中世は古代ローマの繁栄を1000年以上も超えられなかった。
【キリスト教】中世人の心を絶対的な規範として律した。人々はそのメッセージを遵守し、理想に殉じたが、時に軽んじ、自らの利益を優先した。
【世俗権】君主個人の能力やカリスマに基づいたが、教会との闘争を経て宗教性を減じ、官僚制と軍を備えた近代国家へと脱皮した。
【都市】西欧の復活にともない、社会全体の成長のエンジンとなった。生活を向上させるだけでなく、新興階層を出現させ、新しい文化を生み出した。
【国民】帝国でもなく宗教でもない、ヨーロッパが生み出した新しい統合の絆である。現在に至るまで世界を支配している。
【科学】近現代におけるヨーロッパの繁栄の源泉となった。技術を手がかりに、理論を実験や観測と結びつけ、新しい合理的な世界観を生み出した。
・・・そして【人間】へ・・・

著者プロフィール

神崎 忠昭(カンザキ タダアキ)

略 歴:1957年生まれ。1989年3月慶應義塾大学大学院博士課程単位取得満期退学。慶應義塾大学文学部教授。
専 攻:ヨーロッパ中世史。
主要著作:『地中海世界の旅人 ―― 移動と記述の中近世史』(共著、慶應義塾大学出版会、2014年)、ジャン・ルクレール『修道院文化入門 ―― 学問への愛と神への希求』(共訳、知泉書館、2004年)、「ヴェッティヌスの幻視 Visio Wettiniについて」『慶應義塾大学言語文化研究所紀要』26、1994年等。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

イントロダクション
 1 時代区分
 2 自然条件

第1章 大いなるローマ
 1 ローマの遺産
 2 キリスト教の成立
 3 後期ローマ帝国
 4 荒れ野に生きる人々

第2章 古代世界の終焉とゲルマン人
 1 侵入
 2 帝国の衰退
 3 統合の模索
 4 ガリア
 5 海の彼方
 6 文化の継承

第3章 フランク王国
 1 メロヴィング朝
 2 カロリング家の台頭
 3 カール大帝
 4 カロリング・ルネサンス
 5 ベネディクト修道士
 6 カロリング家の退潮 

第4章 隣人たち ―― 交流と緊張
 1 コンスタンティノープル
 2 イスラーム
 3 東欧 
 4 ノルマン人

第5章 鉄の時代 ―― 混乱と再編
 1 異民族の侵入
 2 封建制 
 3 荘園と農民
 4 農業革命
 5 平和の回復

第6章 皇帝
 1 オットー朝 
 2 帝国教会政策
 3 11世紀中葉までのローマ教会
 4 カノッサの屈辱

第7章 教皇
 1 聖職者とは
 2 ヒエラルキー
 3 教皇権の「絶頂」
 4 帝国の落日
 5 アナーニ事件

第8章 修道士
 1 クリュニー 
 2 隠修士
 3 シトー会
 4 修道参事会士
 5 戦士のキリスト教化
 6 12世紀ルネサンス

第9章 英仏の葛藤
 1 プランタジネット朝
 2 カペー家
 3 イングランドの混乱と立憲制の萌芽

第10章 都市
 1 都市とは
 2 都市の人々
 3 人とモノの動き
 4 都市の文化
 5 アウトサイダーたち

第11章 新しい宗教生活
 1 異端:ワルド派、カタリ派
 2 托針修道会
 3 知の復興
 4 民衆のキリスト教化

第12章 国民国家
 1 百年戦争
 2 国民国家フランス
 3 バラ戦争:イングランド

第13章 それぞれの国制の模索
 1 帝国からドイツへ
 2 ブルゴーニュ
 3 イタリア
 4 スイス

第14章 隣人から一員へ
 1 北欧
 2 中東欧
 3 レコンキスタ
 4 コンスタンティノープルの落日
 5 帝国の後継者

第15章 中世後期の教会
 1 アヴィニョン教皇庁
 2 教会大分裂
 3 公会議主義運動
 4 「国民教会」に向かって

第16章 衣食住
 1 衣服
 2 食生活
 3 住居

第17章 人の一生
 1 子ども
 2 家族
 3 病気
 4 不安
 5 死

第18章 宗教改革
 1 人文主義
 2 ルター
 3 カール5世
 4 反宗教改革

第19章 近代へ
 1 古代の再発見
 2 大航海時代
 3 技術そして科学
 4 人間性の肯定

エピローグ

人名索引
事項索引

図版出典一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。