大学出版部協会

 

法典とは何か

法典とは何か

A5判 304ページ 並製
定価:2,600円+税
ISBN978-4-7664-2187-3 C3032
奥付の初版発行年月:2014年10月 / 発売日:2014年10月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

そもそも法典って何? 法律と法典とは何が違うの?
この素朴でありながら、解答の難しい問いに対して、多面的な視点から「法典」の意義を探求する!
豪華執筆陣による、従来の法典の意味と今後について、読者に問いかける基礎法学入門書!

1 まず、私法体系の統合・解体・そして再編・再統合というプロセスを法典という視点から再構成。法典を主題にした総論的ないし歴史的観点から法を眺める(第1章~第4章)。
2 次に、法典編纂に対する各国の考え方の違いを対比。比較法的観点で各国の法文化を概観する(第5章~第8章)。
3 最後に、立法政策的観点から法典に対する対応のあり方を眺めることで、法典に体現される立法政策の意義や多様さを検討する(第9章~第12章)。

「法典とは何か」という問いかけにわが国の文献で正面から答えるものはない。とりわけ商法の解体、民法債権法の大改正という私法の重大な局面にある現在、法典とは何かを問いかける本書は、まさに時宜を得た内容。法学を学ぶ者すべてにとって重要な意味を持つ書籍!

著者プロフィール

岩谷 十郎(イワタニ ジュウロウ)

1961年生まれ。慶應義塾大学法学部教授。
担当章:第2章「近代日本の法典編纂―その “始まり” の諸相」
主要著作として、『明治日本の法解釈と法律家』(慶應義塾大学法学研究会・2012年)ほか。

片山 直也(カタヤマ ナオヤ)

1961年生まれ。慶應義塾大学大学院法務研究科教授。
担当章:第4章「法典と一般的法原則―法秩序の重層構造と動態的法形成」
主要著作として、『詐害行為の基礎理論』(慶應義塾大学出版会・2011年)ほか。

北居 功(キタイ イサオ)

1961年生まれ。慶應義塾大学大学院法務研究科教授。
担当章:第1章「法統一のための法典編纂」
主要著作として、『契約履行の動態理論Ⅰ・Ⅱ』(慶應義塾大学出版会・2013年)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

【編者】
岩谷 十郎(いわたに じゅうろう)
慶應義塾大学法学部教授。
担当章:第2章「近代日本の法典編纂―その “始まり” の諸相」

片山 直也(かたやま なおや)
慶應義塾大学大学院法務研究科教授。
担当章:第4章「法典と一般的法原則―法秩序の重層構造と動態的法形成」

北居 功(きたい いさお)
慶應義塾大学大学院法務研究科教授。
担当章:第1章「法統一のための法典編纂」

【執筆者】
加藤 雅之(かとう まさゆき)
1974年生まれ。神戸学院大学法学部准教授。
担当章:第3章「脱法典化と再法典化」
主要著作として、「不法行為法における損害要件の意義―フランス法における賠償原理と損害要件の関係から」私法72号119頁(2010年)、『判例にみるフランス民法の軌跡』(共著・法律文化社・2012年)ほか。

水津 太郎(すいず たろう)
1977年生まれ。慶應義塾大学法学部准教授。
担当章:第5章「ドイツ民法典と法典論」
主要著作として、「ドイツ法における物上代位の理論的基礎(1)~(4・完)」法学研究80巻3号21頁、4号45頁、5号25頁、6号33頁(2007年)、「代償的取戻権の意義と代位の法理」法学研究86巻8号33頁(2013年)ほか。

武川 幸嗣(むかわ こうじ)
1966年生まれ。慶應義塾大学法学部教授。
担当章:第6章「フランスの諸法典」
主要著作として、「解除の対第三者効力論(1)(2・完)」法学研究78巻12号1頁(2005年)、79巻1号61頁(2006年)ほか。

木原 浩之(きはら ひろゆき)
1975年生まれ。亜細亜大学法学部准教授。
担当章:第7章「英米法における法典化運動」
主要著作として、「改正UCC第2編における『合意』を基礎とする契約法理(1)~(5・完)」亜細亜法学44巻2号210頁、45巻1号158頁、46巻2号148頁、47巻2号124頁、48巻2号116頁(2010~2014年)ほか。

前田 美千代(まえだ みちよ)
1975年生まれ。慶應義塾大学法学部准教授。
担当章:第8章「ラテンアメリカと法典化」
主要著作として、「独立期メキシコにおける法典化前提要件の生成―中世スペイン法思想とフランス啓蒙思想、立憲主義と民法典」『私権の創設とその展開 内池慶四郎先生追悼論文集』(慶應義塾大学出版会・2013年)ほか。

中田 邦博(なかた くにひろ)
1959年生まれ。龍谷大学大学院法務研究科教授。
担当章:第9章「ヨーロッパ(EU)私法の平準化―ヨーロッパ民法典の可能性」
主要著作として、『プリメール民法1 民法入門・総則(第3版)』(共著・法律文化社・2008年)、『ヨーロッパ私法の現在と日本法の課題』(共編著・日本評論社・2011年)ほか。

松尾  弘(まつお ひろし)
1962年生まれ。慶應義塾大学大学院法務研究科教授。
担当章:第10章「開発における法典編纂」
主要著作として、『民法の体系(第5版)』(慶應義塾大学出版会・2010年)、『開発法学の基礎理論』(勁草書房・2012年)ほか。

高田 晴仁(たかだ はるひと)
1965年生まれ。慶應義塾大学大学院法務研究科教授。
担当章:第11章「『商法典』とは何か―法典化・脱法典化・再法典化」
主要著作として、『民法とつながる商法総則・商行為法』(共編著・商事法務・2013年)ほか。

鹿野 菜穂子(かの なおこ)
1959年生まれ。慶應義塾大学大学院法務研究科教授。
担当章:第12章「消費者法と法典化」
主要著作として、『消費者法と民法』(共編著・法律文化社・2013年)、『基本講義 消費者法』(共編著・日本評論社・2013年)ほか。

目次

はじめに

第1章 法統一のための法典編纂
 Ⅰ 法典編纂って何?
 Ⅱ なぜ法典編纂なのか?
 Ⅲ 何のための法典編纂?
 Ⅳ 法典編纂はもう古い?
 Ⅴ それでも法典編纂?
 Ⅵ 誰のための法典編纂?

第2章 近代日本の法典編纂
―― その “始まり” の諸相 ――
 Ⅰ はじめに ―― 法典編纂を不可避とした条件
 Ⅱ 明治初期太政官制下の法典編纂
 Ⅲ お雇い外国人と法典編纂
 Ⅳ 法典編纂の技術と方法
 Ⅴ おわりに

第3章 脱法典化と再法典化
 Ⅰ 民法典の「危機」
 Ⅱ 19世紀 ―― 法典の時代
 Ⅲ 20世紀 ―― 脱法典化の時代
 Ⅳ 21世紀 ―― 再法典化の時代?
 Ⅴ あらためて法典とは

第4章 法典と一般的法原則
―― 法秩序の重層構造と動態的法形成 ――
 Ⅰ はじめに ―― 再法典化と「一般的法原則」
 Ⅱ 「法原則」(プリンシプル)と「法規範」(ルール)
 Ⅲ 「指導的法原則」と「矯正的法原則」
 Ⅳ 法認識と「法原則」
 Ⅴ 「法規範」(ルール)における「例外」の許容
 Ⅵ 法規範の拡張としての「法的擬制」
 Ⅶ 法規範の縮小としての「特段の事情」
 Ⅷ むすびに代えて ―― 法秩序の重層構造と動態的法形成

第5章 ドイツ民法典と法典論
 Ⅰ ドイツ民法典の成立
 Ⅱ ドイツ民法典の展開
 Ⅲ ドイツ民法典の危機
 Ⅳ プロイセン一般ラント法の立法技術
 Ⅴ ドイツ民法典の立法技術
 Ⅵ 現代法典論における立法技術
 Ⅶ 法典論と立法技術

第6章 フランスの諸法典
 Ⅰ 民法典の編纂・隆盛・激動
 Ⅱ 現代における法典化
 Ⅲ 法典、法典化そして「再」法典化とは何か?
 Ⅳ 結びにかえて

第7章 英米法における法典化運動
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 法典化の要請とその実践
 Ⅲ 新たな法典化の展開
 Ⅳ おわりに

第8章 ラテンアメリカと法典化
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 政治的独立と法的依存 ―― フランス民法典への隷属的法典化
 Ⅲ ラテンアメリカ内因性の自立的法典化 ―― フランス民法典からの
   脱却へ
 Ⅳ 結びに代えて ―― 独立期法典化の諸要因

第9章 ヨーロッパ(EU)私法の平準化
―― ヨーロッパ民法典の可能性 ――
 Ⅰ ヨーロッパ民法典の構想と共通売買法
 Ⅱ ヨーロッパ私法の形成をめぐる学説の動向
 Ⅲ ヨーロッパ共通契約法典への道程 ―― 指令、モデル法、規則
 Ⅳ EU私法の平準化への新たな道開 ―― 規則としての選択的法準則
 Ⅴ おわりに ―― 今後の展望

第10章 開発における法典編纂
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ ラオスにおける民法典編纂
 Ⅲ ネパールにおける民法典編纂
 Ⅳ おわりに ―― 進化する法システムと法典編纂

第11章 「商法典」とは何か
―― 法典化・脱法典化・再法典化 ――
 Ⅰ 「商法典」の現在
 Ⅱ ヨーロッパ大陸法諸国の動向
 Ⅲ 日本の商法典
 Ⅳ むすびに代えて ―― 法典の行方と商法学のあり方

第12章 消費者法と法典化
 Ⅰ はじめに ―― 消費者法をめぐる問題状況と課題の設定
 Ⅱ 消費者法の法典化に関する他国のモデル
 Ⅲ 日本民法改正と消費者法をめぐる議論
 Ⅳ 消費者法の法典化

索 引
執筆者紹介




一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。