大学出版部協会

 

 論文とディスカッション入門 科学哲学

入門 科学哲学 論文とディスカッション

A5判 336ページ 並製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-7664-2102-6 C3010
奥付の初版発行年月:2013年11月 / 発売日:2013年11月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

「哲学再発見」
哲学の古典や日常の経験を超えて真理を探しに行こう

「哲学」を学ぶ学生が、「哲学」と「科学哲学」を別物と考え、「科学哲学」を敬遠するのは哲学にとって実に不幸なことである。
ギリシャ以来の哲学史をすなおに振り返ってみよう。幾何学が大好きだったプラトン、数学を言葉として使って運動を分析したガリレオ。デカルトは解析幾何学を生み出し、幾何学の代数化を目論んだ。ニュートンの『プリンキピア』の邦題は『自然哲学の数学的原理』である。
古来、哲学は、数学や物理学と結びつき、それらを研究し使用する学問だった。現代の哲学はこれを忘れてしまったのだろうか。
17世紀に科学革命が起こり、実証的な科学が哲学から独立した。
そして21世紀に入り科学の役割はますます増大するばかりである。哲学と訣別したかにみえた科学に対して、科学だけでは解けない原理的な問題(例えば量子力学、生命や遺伝など)が意識され、それを解決するという使命が、科学哲学に与えられた。
再生される哲学がとるべき選択の一つが科学哲学なのである。

本書の特徴―論文とディスカッション
論文:
①文系の学生でも理系の主題について「哲学する」ことを、論文の読解を通して学ぶことができる。
②本書に掲載されている論文は、いずれも、科学哲学において今日、議論されることの多いテーマを扱っている。読者は科学哲学の代表的な問題のいくつかに触れることができる。
ディスカッション:
③各論文のおわりには、論文についての質問、著者による解答、論文をめぐる議論を「ディスカッション」として掲載してある。科学哲学のディスカッションを通して、読者は論文への理解を深め、哲学する姿勢を実践的に知ることができる。

著者プロフィール

西脇 与作(ニシワキ ヨサク)

慶應義塾大学名誉教授。
専門:科学哲学
『現代哲学入門』(単著)慶應義塾大学出版会、2002年。『科学の哲学』(単著)慶應義塾大学出版会、2004年。「モデルが訴えるもの」、三田哲学会編『自省する知』、慶應義塾大学出版会、2011年。

源河 亨(ゲンガ トオル)

慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程在籍、慶應義塾大学大学院文学研究科非常勤助教(有期・研究奨励)。
専門:知覚の哲学、心の哲学
『進化の弟子-ヒトが人間になるまで』(共訳)勁草書房、2013年。「知覚はどれだけのものを捉えられるか」、『哲学』130集、慶應義塾大学三田哲学会、2013年。「音の不在の知覚」、『科学基礎論研究』、科学基礎論学会(印刷中)。

古賀 聖人(コガ マサト)

慶應義塾大学文学部非常勤講師。
専門:心の哲学、知識の哲学
「色の自然主義的理解」、『哲学』第113集、慶應義塾大学三田哲学会、2005年。「“少数の法則”を補足する説明の妥当性の検討-生成過程の違いによる説明と結果予測の成否による説明」、『人間と社会の探求-慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要』66号、2008年(共著論文)。「合理的非合理性と経験的知識」科学基礎論学会、2013年(学会発表)。

田中 泉吏(タナカ センジ)

慶應義塾大学訪問研究員、慶應義塾大学文学部非常勤講師、立教大学兼任講師。
博士(哲学)。
専門:科学哲学
『ダーウィンと進化論の哲学』(共著)勁草書房、2011年。「微生物と本質主義-種カテゴリーに関する恒常的性質クラスター説の批判的検討-」、『科学基礎論研究』40巻1号、2012年。『進化の弟子-ヒトが人間になるまで』(共訳)勁草書房、2013年。

石田 知子(イシダ トモコ)

慶應義塾大学通信教育部非常勤講師。
専門:科学哲学
「研究公正局」、「純粋科学と応用科学」、『科学・技術・倫理百科事典』(共訳)丸善出版、2012年。「基礎的物理学は生物学を消去するか-分子生物学的説明についての考察から」、『哲学』131集、慶應義塾大学三田哲学会、2013年。“Genetic Information as a Conceptual Metaphor” International Society for the History, Philosophy, and Social Studies of Biology, 2013(学会発表)。

森元 良太(モリモト リョウタ)

慶應義塾大学文学部非常勤講師ほか。
専門:科学哲学、生物学の哲学、確率論の哲学
『進化論の射程』(共訳)春秋社、2009年。『進化論はなぜ哲学の問題になるのか』(共著)勁草書房、2010年。『ダーウィンと進化論の哲学』(共著)勁草書房、2011年。

杉尾 一(スギオ ハジメ)

慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程在籍、日本学術振興会特別研究員。
専門:科学哲学、物理学の哲学
「アメリカ科学者連盟」、『科学・技術・倫理百科事典』(共訳)丸善出版、2012年。「量子力学をどのように解釈してきたか-思想史的観点にもとづく研究」、『比較文化研究』2012年。「認識の体系としての物理学」、『物理学基礎論研究会会誌2013』2013年。

上記内容は本書刊行時のものです。

【編著者】
西脇 与作(にしわき よさく)〔序章執筆〕
慶應義塾大学名誉教授。

【著者】
源河 亨(げんが とおる)〔第1章執筆〕
慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程在籍、慶應義塾大学大学院文学研究科非常勤助教(有期・研究奨励)。

古賀 聖人(こが まさと)〔第2章執筆〕
慶應義塾大学文学部非常勤講師。

田中 泉吏(たなか せんじ)〔第3章執筆〕
慶應義塾大学訪問研究員、慶應義塾大学文学部非常勤講師、立教大学兼任講師。
博士(哲学)。

石田 知子(いしだ ともこ)〔第4章執筆〕
慶應義塾大学通信教育部非常勤講師。

森元 良太(もりもと りょうた)〔第5章執筆〕
慶應義塾大学文学部非常勤講師ほか。

杉尾 一(すぎお はじめ)〔第6章執筆〕
慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程在籍、日本学術振興会特別研究員。

目次

序 章
科学哲学を学ぶために   西脇与作
 1. 哲学が問題にしてきた事柄を科学の観点から見返すと…… :
   あるいは、20世紀以前の哲学を科学哲学的に見直すと
 2. 20世紀初頭の科学的な哲学の動向はどうだったのか…… :
   現在から振り返ってみれば
 3. 現在の科学哲学にはどのような分野があり、その現状は…… :
   科学哲学の現在
 4. 各論文の内容について:それぞれの主張と特徴は何か
 5 .各論文を読みこなし、科学哲学の将来を見据えよう
 6. 参考文献について:科学哲学を学ぶために必要なのは


 第一部 経験と知識の哲学


第一章 色や音は世界のなかにあるのか   源河 亨
 1. はじめに
 2. 客観主義
 3. 主観主義
 4. 主観主義の問題
 5. 知覚の表象説
 6. 物理主義の検討
 7. おわりに

 ◇ ディスカッション1
 知覚対象の存在論   
 源河 亨×田中泉吏×西脇与作

第二章 経験的知識とはどのようなものか   
―合理的非合理性から見た科学的知識と知覚的知識―   古賀聖人
 1. はじめに
 2. 経験的知識の源:科学と知覚
 3. 認識論の経済学化
 4. 経験的知識のプラグマティズム
 5. 結び

 ◇ ディスカッション2   
 知識というもののあり方をめぐって
 古賀聖人×石田知子×西脇与作

 
 第二部 生物学の哲学


第三章 有機体とは何か
―生物学における存在論―   田中泉吏
 1. 有機体をめぐる問い
 2. さまざまな有機体概念
 3. 微生物と有機体概念
 4. 生物学と存在論
 5. 有機体の進化
 6. 生物学における存在論
 
 ◇ ディスカッション3   
 生物学の存在論を問い直す
 田中泉吏×源河 亨×西脇与作

第四章 遺伝情報を考える   石田知子
 1. 導入
 2. 分子遺伝学基礎知識
 3. 遺伝情報概念の分析
 4. 遺伝情報概念の役割
 5. 結論

 ◇ ディスカッション4   
 遺伝情報をめぐる諸問題
 石田知子×古賀聖人×西脇与作

第五章 進化論は生物の変化をどのように説明するのか   森元良太
 1. はじめに
 2. 進化論の因果的解釈
 3. 進化論の統計的解釈
 4. 進化論に因果概念は必要なのか
 5. おわりに

 ◇ ディスカッション5   
 力の理論と進化論
 森元良太×杉尾 一×西脇与作

 
 第三部 物理学の哲学


第六章 物理学の認識論的転回を目指して   杉尾 一
 1. はじめに
 2. 古典論
 3. 量子論
 4. 新たな量子測定
 5. まとめ
 
 ◇ ディスカッション6   
 存在論から認識論へ
 杉尾一×森元良太×西脇与作

 索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。