大学出版部協会

 

意味の構造 一九九二年

井筒俊彦全集第十一巻
意味の構造 一九九二年

井筒 俊彦:著, 木下 雄介:解題・索引
四六判 452ページ 上製函入(ビニールカバー付き)
定価:5,800円+税
ISBN978-4-7664-2081-4 C3310
奥付の初版発行年月:2015年07月 / 発売日:2015年07月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

井筒俊彦、必読のコーラン論。

▼井筒の代表的英文著作The Structure of the Ethical Terms in the Koran (1959)をもとに、日本向けに改訂された1992年の著作を収録。

▼解題では本著の基本的な書誌情報に加えて、重要な校異を記す。

▼多岐にわたる内容をカバーする詳細な索引付き。

▼月報執筆は、フセイン・ナスル(イスラーム科学史家)、宇野重規(政治学者)、島多代(絵本・児童書研究家)各氏による。井筒像を多角的に語る。

▼時代に則した写真を掲載。

▼底本には、著者生前の最終版を使用。

著者プロフィール

井筒 俊彦(イヅツ トシヒコ)

1914年東京・四ツ谷生まれ。1937年慶應義塾大学英語英文学科卒業、同大学文学部助手。1941年『アラビア思想史』、49年『神秘哲学』。1959年から2年間にわたって中近東・欧米でイスラーム研究に従事。1961年マギル大学客員教授、69年同大学イスラーム学研究所テヘラン支部教授、75年イラン王立研究所教授。
1979年イラン革命激化のためテヘランから日本に帰国。『意識と本質』(1980-82年)、『意味の深みへ』(1985年)、『コスモスとアンチコスモス』(1989年)、『超越のことば』(1991年)、絶筆『意識の形而上学』(1993年)など代表著作を発表。1993年北鎌倉の自宅にて逝去(78歳)。

木下 雄介(キノシタ ユウスケ)

中央大学、学習院大学、駒澤大学非常勤講師(フランス語)。
1957年東京都生まれ。1980年一橋大学社会学部卒業。1986年東京都立大学大学院博士課程満期退学。フランス文学・イスラーム哲学専攻。
主要業績:「不可解なペニュルチエーム ―― マラルメの散文詩『類推の魔』について」(『東京都立大学人文学報』1984年)、「イブン・シーナーの魂論」(『イスラーム哲学とキリスト教中世』I、岩波書店、2011年)、イブン・シーナー『魂について』(翻訳、知泉書館、2012年)等。

上記内容は本書刊行時のものです。

【著者】
井筒 俊彦(いづつ としひこ)

【解題・索引】
木下 雄介(きのした ゆうすけ)
中央大学、学習院大学、駒澤大学非常勤講師(フランス語)。

目次

 凡 例

 一九九二年
意味の構造 ―― コーランにおける宗教道徳概念の分析
 序章 言語と文化 / 第一章 道徳用語の第一次レベルと第二次レベ
 ル / 第二章 意味論的分析の方法 / 第三章 アラブ的現実主義 /
 第四章 部族絶対主義 / 第五章 古いアラブの美徳のイスラーム化 /
 第六章 道徳上の基本的二分化 / 第七章 「不信仰」(kufr)の概念
 の内部構造 / 第八章 kufrの意味の場 / 第九章 宗教的偽善 /
 第十章 信仰者 / 第十一章 善と悪
  旧版の解説  牧野信也 / 井筒俊彦著作集への解説  牧野信也

  解 題 木下雄介
  人名・事項索引 / コーラン引用索引 / 原語索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。