大学出版部協会

 

英語論文の書き方入門

英語論文の書き方入門

B5判 188ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-7664-1921-4 C0082
奥付の初版発行年月:2012年04月 / 発売日:2012年04月中旬

内容紹介

誰でも英語論文が書ける本!
「英語で論文を書く」には、どうすればよいのか? 学問の心得や英語論文ならではの特徴、テーマ探しから執筆・完成に至るまでの手順を、準備編と実践編にわけて詳しく解説。豊富な例文と、練習問題・解答付き。単なる英語論文作成のための表現集ではないため、骨組みからしっかり学べる。はじめて英語論文に取り組む人にも、きちんと学び直したい人にも、よくわかる1冊。

著者プロフィール

迫 桂(サコ カツラ)

英国ウォリック大学大学院英語比較文学科博士課程修了(PhD in English and Comparative Literary Studies)。現在、慶應義塾大学経済学部専任講師。
戦後・現代イギリス文学専攻。
主な業績:“Others in ‘Self-Conscious’ Biography: A. S. Byatt’s The Biographers Tale.” Realism’s Others. Ed. Geoffrey Baker and Eva Aldea. Newcastle: Cambridge Scholars, 2010: 277-92、ほか

徳永 聡子(トクナガ サトコ)

慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了(文学博士)。現在、慶應義塾大学文学部助教。
中世イギリス文学、書誌学専攻。
主な業績:“A Textual Analysis of the Overlooked Tales in de Worde’s Canterbury Tales.” Scribes, Printers, and the Accidentals of Their Texts. Ed. Jacob Thaisen and Hanna Rutkowska. Frankfurt am Main: Peter Lang, 2011: 157-76、ほか

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

Part 1 英語論文について学ぼう
Chapter 1 アカデミック・ライティングとは
Section 1 アカデミック・ライティングの特色
Section 2 剽窃
Section 3 アカデミック・スタイル
Section 4 書式の一貫性
Section 5 英語で書くために

Chapter 2 パラグラフとは
Section 1 パラグラフとMain Idea
Section 2 パラグラフの構造
Section 3 Topic Sentence
Section 4 Supporting Sentences
Section 5 Concluding Sentence
Section 6 Unity とCoherence

Chapter 3 エッセイの構造(1)
Section 1 エッセイの3 大要素
Section 2 パラグラフとエッセイの関係
Section 3 エッセイのUnity とCoherence
Section 4 モデル・エッセイを読もう

Part 2 エッセイを書こう
エッセイ作成と調べるプロセス
Chapter 4 エッセイの枠組みを構想する
Section 1 問いを立てる
Section 2 なぜ「調べる」ことが必要なのか
Section 3 エッセイの骨組みを作成する

Chapter 5 文献資料の扱い方
Section 1 文献資料について
Section 2 文献資料を集める
Section 3 文献資料の情報管理
Section 4 引用
Section 5 出典の示し方

Chapter 6 エッセイの構造(2)
Section 1 Introduction
Section 2 Body Paragraphs
Section 3 Conclusion
Section 4 Review Exercises

Chapter 7 完成に向けて
Section 1 書式
Section 2 推敲
Section 3 チェックリスト
Section 4 モデル・エッセ

Appendix
1 エッセイ作成のスケジュール
2 ブレインストーミングのサンプル
3 エッセイの構想を練る
4 アウトライン
5 文献資料記録ページ
6 チェックリスト
7 解答


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。