大学出版部協会

 

日本社会の生活不安

日本社会の生活不安

A5判 304ページ 上製
定価:4,200円+税
ISBN978-4-7664-1918-4 C3033
奥付の初版発行年月:2012年03月 / 発売日:2012年03月下旬

内容紹介

家族の変容と貧困・生活困難の実態を解明。

食費・衣服費の不足、家賃・住宅ローンの滞納、公共料金の未払い、医療サービスの受診抑制など、人々の生活困難は拡大し、貧困の世代間連鎖を断ち切れずにいる。社会経済環境の変化とそれに伴う家族構成・就業形態の変容によって、日本の社会保障システムは機能不全に陥っている。それでは、セーフティネットを再構築し、安心と活力を取り戻すためには、いま何が必要なのか?

「家族」に焦点を当て、日本で初めて全国規模で生活不安・生活困難の実態を調査した「第1回社会保障実態調査」に基づく詳細な分析と政策提言の書。

著者プロフィール

西村 周三(ニシムラ シュウゾウ)

国立社会保障・人口問題研究所所長

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章 データでみる人々の暮らしと社会保障
――「社会保障実態調査」のねらいと概要   西村周三・阿部彩

第1部 「自助」の限界――「生活不安の実態」
1章 家族が直面する生活不安の実態   阿部彩
2章 成人期の就業と健康   野口晴子
3章 子ども期の貧困と成人期の生活困難   阿部彩

第2部 「公助」の衰退――公的セーフティネットの「穴」
4章 セーフティネットから外れる理由と現実   小塩隆
5章 早期退職と生活水準   暮石渉

第3部 「共助」の実態――新しい家族の助け合い
6章 家族のかたち――「標準世帯」の変容   西村幸満
7章 10年後のパラサイト・シングルとその家族   鈴木亘
8章 家族の助け合いはなくなったのか?   金子能宏
9章 離別男性のプロフィール   大石亜希子

終章 新たなセーフティネットのかたち   西村周三他


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。