大学出版部協会

 

 小河滋次郎研究監獄行政官僚と明治日本

監獄行政官僚と明治日本 小河滋次郎研究

A5判 248ページ 上製
定価:3,800円+税
ISBN978-4-7664-1914-6 C3021
奥付の初版発行年月:2012年02月 / 発売日:2012年02月中旬

内容紹介

学識と矜持に溢れた、一行政官僚の実像。

明治期の監獄行政官である小河滋次郎(1864~1925)の伝記的研究。日欧の文化接触における諸問題や、統治の思想史的系譜にも目を配りつつ、一人の行政官僚の軌跡を、近代国家による統治と社会における自治とのせめぎ合いの中に描き出す。

日本の刑事施設に画期的な改良をもたらした「監獄法」(明治41年)制定への尽力や、救貧・感化・慈善を行う社会事業と行政との共働構想などを論じ、歴史的事実を越えた小河滋次郎の思想・行動の意義を雄弁に物語る好著。

著者プロフィール

小野 修三(オノ シュウゾウ)

慶應義塾大学商学部教授、博士(法学)。1948年生まれ。1976年、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。
主要業績に、『公私協働の発端―大正期社会行政史研究―』(時潮社、1994年)、「明治・大正期における岡山孤児院と大阪汎愛扶植会」(『慶應義塾大学商学部創立五十周年記念日吉論文集』2007年)、「E・ハワードと西村伊作―田園都市の誕生と日本における受容をめぐって―」(『慶應義塾大学日吉紀要社会科学』第20号、2009年度)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次


第一章 若き日の小河滋次郎
第二章 言論の人 小河滋次郎
第三章 監獄事務官 小河滋次郎
第四章 小河滋次郎の行刑思想
第五章 小河滋次郎における統治と自治
第六章 小河滋次郎とその時代
第七章 小河滋次郎の現代的意義について

参考文献
略年譜


索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。