大学出版部協会

 

 不透明な社会を捉える知の技法社会システム理論

リアリティ・プラス
社会システム理論 不透明な社会を捉える知の技法

四六判 320ページ 並製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-7664-1892-7 C3336
奥付の初版発行年月:2011年11月 / 発売日:2011年11月下旬

内容紹介

断片化し、多様化する現代社会を、一挙に捉える!
▼社会システム理論によって、現代社会のリアリティはどのように捉えられるか?
その知見を踏まえ、私たちはどのような未来をつくることができるのか?
気鋭の社会学者・井庭崇が、宮台真司、熊坂賢次、公文俊平という当代きっての論客を迎え、徹底討論。
読者のリアリティに、新たな知をプラスする!
▼それぞれの対談の中で、各人が影響を受けたニクラス・ルーマン、タルコット・パーソンズや複雑系などを取り上げ、イラストも用いつつ、分かりやすく解説しているため、社会システム理論の入門書としても広く求められる好著。

著者プロフィール

井庭 崇(イバタカシ)

慶應義塾大学総合政策学部准教授
1974年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、同大学大学院政策・メディア研究科博士課程修了。博士(政策・メディア)。国際大学 Global Communication Center 客員研究員。
マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院 Center for Collective Intelligence 客員研究員。
著書に、『複雑系入門――知のフロンティアへの冒険』(NTT出版、1998年)等。

宮台真司(ミヤダイシンジ)

1959年生まれ。首都大学東京教授、公共政策プラットフォーム研究評議員。社会学博士。援助交際、サブカルチャー、オウム問題、都市・郊外、少年犯罪、学級崩壊、盗聴法、高天王論、外交問題等、幅広い対象に対する発言を行なっている。鋭い社会分析の背後には、ニクラス・ルーマンの社会システム理論等の理論社会学と思想史の裏付けがある。著書に、『権力の予期理論』(1989年)、『サブカルチャー神話解体』(1993年:共著)、『制服少女たちの選択』(1994年)、『終わりなき日常を生きろ』(1995年)、『まぼろしの郊外』(1997年)、『人生の教科書「よのなか」』(1998年)、『M2:われらの時代に』(2002年:共著)、『絶望から出発しよう』(2003年)、『限界の思考』(2005年:共著)、『14歳からの社会学』(2008年)、『日本の難点』(2009年)、『システムの社会理論』(2010年)など。

熊坂賢次(クマサカケンジ)

947年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部教授、元・環境情報学部学部長。財団法人 ソフトピアジャパン理事長。現代の複雑多様化した社会を理解するために、理解の方法をつくり直すところから取り組んでいる。企業との共同研究も活発に行い、大量のデータから意味を見出す研究を現場とともに行う。社会分析図式のベースには、タルコット・パーソンズの社会システム理論がある。著書に、『行動と社会』(1980年)、『インフォスケープ:情報と環境の新たな地平』(1994年:共著)、『知の風景:インフォスケープの展開』(1996年:共著)、『未来からの留学生』(1996年:共編)、『未来を創る大学:慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)挑戦の軌跡』(2004年:共編著)、『創発する社会』(2006年:共著)など。

公文俊平(クモンシュンペイ)

1935年生まれ。多摩大学情報社会学研究所所長・教授。情報社会学会会長。経済学博士。東京大学教養学部教授、国際大学GLOCOM(グローバル・コミュニケーション・センター)所長などを歴任。近代化の最終発展段階としての情報社会の研究に取り組む。1970年代に独自の社会システム理論を提唱。著書に、『社会システム論』(1978年)、『文明としてのイエ社会』(1979年:共著)、『情報文明論』(1994年)、『文明の進化と情報化:IT革命の世界史的意味』(2001年)、『情報社会学序説:ラストモダンの時代を生きる』(2004年)、『情報社会学概論』(2010年:編著)、『情報社会のいま:新しい智民たちへ』(2011年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

プロローグ

序章

第1章 社会を変える知と方法
宮台真司 × 井庭 崇(司会:西田亮介)

■実は二人とも映画監督になりたかった
■ルーマンの社会システム理論の魅力
■ルーマンの社会システム理論の背景
■ルーマンの社会システム理論は発見ツールである
■つくりながら考える
■「全体性」を志向する「知識人」
■中間層の重要性
■新しい教育
■現代日本の難点
■新しいプラットフォームによる包摂
■日本が目指すべきは、アメリカ型かヨーロッパ型か
■かつて教育の成功を支えた日本的前提は、すでに崩れている
■これから求められる専門とは何か――「新しい知識人」と方法のイノベーション
■社会システム理論で「複数の団子に串を通す」
■新しい知識人の行動原理と、新しい学問の創造

第2章 新しい時代のリアリティ
熊坂賢次 × 井庭 崇

■新しい学部と新しい方法
■原発からコカコーラまで――現場志向の社会学
■新しい調査方法をつくる――多義性を引き受ける調査票
■新しい解析方法をつくる:柔らかい構造化
■現場からの出発と、手元からの出発
■パーソンズとルーマンの差異?
■集合的な世界認識――コレクティブ・パーセプション
■新しいネットワーク・メディアの力
■ルーマンの社会システム理論の魅力
■創造なコラボレーションとしてのサッカー
■創造的なプロセスでは何が起きているのか?
■創造とは何か?――創造システム理論の試み
■創造を支えるメディアをつくる
■新しいリアリティをつくる ―― 自然と人間のコラボレーション

第3章 情報社会のゆくえ
公文俊平 × 井庭崇

■「戦前生まれ」の社会学者の歩み
■独自の社会システム理論構築への道
■情報社会のはじまり
■情報社会における創造
■創造社会(クリエイティブ・ソサエティ)=万人がつくる社会へ
■アトムとビットを超えて ―― 量子力学的世界観
■二つのリアリティを育てる
■一部でも切り取らないと、思考は始まらない
■デジタル・ディバイドと管理社会
■今日確実だと思われているものが、明日にはひっくり返ってもおかしくない

エピローグ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。